宮前区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

川崎市営住宅 入居募集 年4回に拡充 市、「空き部屋」活用へ本腰

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 市営住宅の空き物件を減らそうと、川崎市は6月から入居募集回数を現状の年2回から4回に増やす。立地条件などで入居者がいない物件の常時募集や、経済的に厳しい子育て世帯を対象とした募集制度を導入するなど、対策に乗り出している。

 市は昨年度まで5月と10月に行っていた定期入居募集を6月、9月、12月、3月に変更する。入居機会を増やすと同時に募集が集まりやすいタイミングも考慮。市営住宅の過去3年間の募集倍率は平均9・05倍と全国に比べて高倍率だが、半年以上空き部屋のままという物件もある。

 物件の定員割れ対策として、市は昨年11月から3月末まで先着順の常時募集を初めて実施。募集した29戸が満室になり、今月20日から新たに66戸を常時募集している。

 昨年10月には、子育て世帯を支援する定期借家制度を導入した。未就学児のいる世帯を入居対象に義務教育が修了する年度末まで、学校に近い物件などを提供。昨年募集した20戸は定員に達しており、市の担当者は「定期借家制度は、市営住宅の周知が行き届いていない20代、30代の子育て世帯にアピールする狙いもある」と話す。

当選辞退も一因

 市によると、市営住宅には子が60歳以上であれば親が子へ物件を承継できる制度があり、優良物件であれば住み続ける傾向があるという。一方、交通の不便な物件などは高齢者に敬遠され、入居募集に当選しても辞退する世帯が多い。昨年10月募集では当選294世帯に対し辞退は51世帯と、空き部屋ができる要因の一つになっている。市営住宅に応募した60代女性は「急な階段は上り下りが大変でエレベーターがほしい。冷房暖房が付いていないのも高齢者には厳しい」と話す。

 市営住宅は、低所得者向けの賃貸集合住宅で、世帯月収額15万8千円以下(普通世帯)であることなどの条件を満たす人が対象。家賃は駅からの直線距離などで変わる。

宮前区版のトップニュース最新6

川崎市、庁内横断で検討へ

鷺沼駅前再開発

川崎市、庁内横断で検討へ 社会

3部会など新体制に

6月14日号

市民活動見学で情報共有

宮前区の新まちづくり

市民活動見学で情報共有 文化

支援機能など検討へ

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

地域デビューを後押し

宮前市民館

地域デビューを後押し 社会

住民が市民活動を案内

6月7日号

市民創発で交流進む

まちかどマルシェ

市民創発で交流進む 文化

新企画は「本」と「地域連携」

5月31日号

開設10年、地域交流拠点へ

アリーノ

開設10年、地域交流拠点へ 文化

式典に80人、歩み振り返る

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク