宮前区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

宮前市民館 地域デビューを後押し 住民が市民活動を案内

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
川西さん(右)らメンバー
川西さん(右)らメンバー

 「地域の活動に興味はあるけれど一歩踏み出せない」という人のために、住民が案内役「市民コンシェルジュ」となって活動団体などを紹介する場が6月27日(木)と28日(金)、宮前市民館に設けられる。主催団体の川西和子さん(67)は「市民館では市内初の試み。今回は試行だが、市民が市民の力を盛り上げたい」と意気込む。

 主催は川崎市社会教育委員会議宮前市民館専門部会で、川西さんは部会長を務める。同会は市民館の諮問機関的な役割を担い、2年毎にテーマを設定し調査研究。市民館は鷺沼駅前への移転を控えており、今期(2018年度〜19年度)は、「都市型公民館のあり方」をテーマに活動している。

 「地域で何かしたいけれど1人では分からない。宮前市民館の玄関口は2階にあるが、事務所が3階で分かりにくい。行政は敷居も高い」と川西さん。そこで「ウェルカム感を出したい」と今回の企画を立ち上げた。

 案内役「市民コンシェルジュ」を務めるのは、市民館のロビーで6年前からコミュニティカフェ「Cafeみやまえ」を実施しているメンバー。地域の活動に参加している「先輩市民」が相談に対応する。会場には市民活動団体のチラシやパンフレット、宮前区が作成した市民活動の相関図なども用意するという。

 川西さんは「『やりたいこと』『仲間』『居場所』を見つけるお手伝いをしたい。地域デビューの楽しさを伝えられたら」と話す。

 また、当日は活動をアピールしたい、新しい仲間を募集しているというグループのチラシや作品の持ち寄りも歓迎とのこと。カフェも併設する。

 会場は2階ロビーで、27日・28日とも時間は午前11時〜午後2時。

宮前区版のトップニュース最新6

整備計画、1年繰り下げ

橘官衙遺跡群

整備計画、1年繰り下げ 文化

文化庁の助言受け

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

悔しさの先に掴んだ栄光

宮前平中出身神林勇太選手

悔しさの先に掴んだ栄光 スポーツ

箱根駅伝 初出走を語る

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

鷺沼駅へのバス路線強化

川崎市

鷺沼駅へのバス路線強化 社会

都市計画基本方針 改訂へ

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク