宮前区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

幻の宮前メロン、増産へ 27日から一般向けに販売

文化

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
生育状況を確認する持田さん
生育状況を確認する持田さん

 直売のみで市場には出回らないため「幻のメロン」とも言われる「宮前メロン」。近年、後継者不足などにより生産量が減少していたが、今年は生産者の持田高弘さん(55)が約500個を増産。27日からセレサモス宮前店で一般客向けに販売する。

 1977年から有馬地区と野川地区でトマト栽培の裏作として生産が始まったメロン。82年の高津区との分区を機に「宮前メロン」と名付けられた。品種はマスクメロンで網目の美しさと上品な香り、甘味が特長だ。

 最盛期には7軒の農家で年間約1万2000個生産していたが、高齢化や後継者不足により10年程前には3軒まで減少。その内1軒も2年前に生産をやめ、現在は2軒で生産している。

 例年、計4000〜4500個程生産していたが、予約販売でほとんどが売れてしまうため、市民の手に届きにくい状況だった。1本のつるに1つの果実のみ結実させる生産方法で、増産のためにはハウスの拡大が必須。増産や新規でメロン生産を開始することが難しいのが現状だ。

 持田さんは「区のイメージキャラクター『宮前兄妹』のモチーフにもなっている宮前メロン。しっかり守り続けなければ」と話す。販路拡大をめざし、昨年からJAセレサ川崎農業協同組合やセレサモス宮前店と打ち合わせを重ねてきた。「販路を拡大し、増産することは存続に向けて大きな一歩」と話す。持田さんはトマト生産に活用していたハウスを一棟メロン用に替え、約500個増産できる体制を整えた。今年は5月の天候に恵まれ、実の育ちも良く上々の出来だという。「今年の様子を見ながら、来年以降徐々に数を増やしていけたら」と持田さん。

 セレサモス宮前店(【電話】044・853・5011)で23日まで予約を受付中。27日から店頭販売を開始(1個2600円)。売り切れ次第終了。

宮前区版のトップニュース最新6

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

7月19日号

地域の交流、脈々と20年

地域の交流、脈々と20年 社会

向丘地区の「北部会」

7月19日号

外国人相談窓口を拡充

川崎市

外国人相談窓口を拡充 社会

11言語で対応 7月中めど

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

秋の4連休 今年も

川崎市立校

秋の4連休 今年も 教育

保護者、教員に「有休」促す

7月5日号

手足口病の患者急増

宮前区

手足口病の患者急増 社会

流行警報基準値超え

7月5日号

「本の紹介」100号到達

犬蔵在住渡部康夫さん

「本の紹介」100号到達 教育

自宅で子ども文庫を主宰

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク