宮前区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

川崎富士見ライオンズクラブの会長に7月1日付で就任した 秋山 勲さん 東有馬在住 75歳

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

和をもって尊しとなす

 ○…奉仕活動を行っている同クラブの会長は10年ぶり2度目の登板。「最初の時は緊張感あったが、素晴らしい役員の皆さんに支えてもらった。クラブは再来年創立50周年。2度目の会長として若いメンバーを育て次代につなげたい」と抱負を述べる。今年度の運営には「和」を重視したいと力を込める。「メンバーは社長や一国一城の主ばかり。素晴らしい個性を大事に、声を聞きながら目的の達成に向かっていく」と柔らかい笑顔で語る。

 ○…先祖代々続く農家の家に生まれる。今では宮前区の特産として知られるようになった「宮前メロン」を一番最初に手掛けた人物だ。体力に限界を感じメロン栽培から手を引いたのは3年前。「辞めるのは最後まで迷った。勇気が必要だった」と振り返る。今は主にトマトを生産し自宅そばの直売所とJAセレサモスで販売。「努力してつくった野菜。直接『美味しい』って声が聞けて嬉しいね」と笑みをこぼす。

 ○…唯一趣味と言えるのはゴルフ。こんがりと良い色に焼けた肌については「これはゴルフじゃなくて畑仕事でだよ!」と笑う。デビューは40歳からと遅めだが、地域とのつながりがきっかけなのだとか。当時、創立10周年の有馬中PTA会長を務めており、ゴルフ好きの初代PTA会長を実行委員に口説くための「道具」がゴルフだった。「学校での人との出会いも財産。『畑違い』の人たちとの関わりはすごく勉強になる。この経験がなければ今はないね」

 ○…クラブ入会から22年。地域の大先輩から誘われたのがきっかけだ。「入会して素晴らしいメンバーと出会えたことも人生の財産」と胸を張る。「お金も大事だけど、子どもたちには友だちを財産として残したい」。人と人との繋がりを糧に、地域の発展にも力を注ぐ。

宮前区版の人物風土記最新6

針山 直幸さん

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める

針山 直幸さん

菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

10月18日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

松下 幸子さん

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける

松下 幸子さん

宮崎在住 83歳

9月13日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク