宮前区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した 中山 紳一さん 中原区在住 58歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

スポーツの情熱を市民に

 ○…市民スポーツ関連など市内40団体が加盟し、大会の主催や競技指導者の育成講習会を行う協会の新リーダーに抜てきされた。「川崎ゆかりのアスリート支援、フロンターレやブレイブサンダースの活躍を後押しし、『スポーツのまちかわさき』の旗振り役になれたら」と意気込む。2年前に就いた川崎商工会議所副会頭との兼任に。「川崎市と連携するチームを筆頭に、スポーツを盛り上げることで川崎に人を呼び込み、商店街の活性化につなげていきたい」

 ○…大学卒業後、NECに入社。千葉県内の事業所に勤務していた一昨年までの3年間、社会人ラグビー部「グリーンロケッツ」の部長を務めた。「事業所の責任者が部長になる決まりで。最初はルールもポジションも分からなかった」と苦笑する。それでも、競技場で社員が自社のチームを熱心に応援する姿に感動した。「人の心を動かし、夢中にさせるスポーツの素晴らしさを体感した。ラグビーを通して仲間が増えたり、貴重な時間だった」と思いをはせる。

 ○…父親の転勤で、小中学校で転校を7回経験。「幼いころから前向きな性格だったので、苦ではなかった。会社の異動も、新天地で新たな出会いがあると思うとワクワクする」。26歳で結婚後、2人の娘を育て上げた。現在は、時間があれば夫婦で旅行やコンサートに出かけるなど、気分転換も楽しんでいる。

 ○…今年はラグビーW杯、来年は東京2020大会が控える。「オリパラでは川崎が英国代表チームの事前キャンプ地になっている。交流の機会を創出したい」。川崎市民の活躍にも期待を寄せる。「これを機にスポーツに挑戦したり、選手を支えるなど多様な形で携わる人が増えれば。市民一人ひとりがスポーツを楽しむまちにしていきたい」

宮前区版の人物風土記最新6

川崎 雅代さん

乳幼児も使える天然素材のアルコールハンドジェルを開発した

川崎 雅代さん

馬絹在住 56歳

5月29日号

小野 優子さん

9代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

小野 優子さん

宮前平在住 40歳

4月10日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

シンガーソングライターで鷺沼でリトミック教室を主宰する

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

土橋在住 47歳

3月20日号

目代 鉄男さん

巡り地蔵の馬絹地区世話人とお宿を代々務める

目代 鉄男さん

馬絹在住 68歳

3月13日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月1日9:48更新

  • 5月26日18:48更新

  • 5月23日19:33更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク