宮前区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

白幡台・初山地区など 地域の足、15年越しの実現 10月、買物送迎バス運行へ

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

 白幡台地区で10月から無料の買物送迎バスが運行する。運行主体はスーパーマーケット「食品館あおば」を経営する(株)ビック・ライズ。高齢化に伴う交通不便解消を目指し、コミュニティ交通導入を長年検討してきた地元の想いが実った。

 白幡台地区(白幡台、初山、菅生、南平台など一部地域)は多摩丘陵の一角にあり、山坂が多く高齢化が進む地域。公共交通がなく、以前から「買い物に困っている」との声があったという。2004年にはコミュニティバスの運行実験が実施されたが、採算性等を理由に打ち止めとなっていた。

 地元からコミュニティバス実現を要望する声があがり、06年に区まちづくり協議会交通専門部会と周辺地区有志による「白幡台地区コミュニティバス勉強会」が発足。道路調査などを行なってきたが、狭い道幅や採算性が課題となり実現には至っていなかった。

 13年度には周辺9自治会による「白幡台地区コミュニティ交通協議会」を設置し、具体的な運行方法やルートを模索してきた。同協議会の藤田信吾事務局長は「小型バスしか通れない狭い道が多い。小型だと乗車人数も限られるので採算性が壁になっていた」と話す。

 そこで川崎市が買い物送迎バスの運行実績がある(株)ビック・ライズと意見交換を開始。昨年秋から3者で協議を進め、運行が決まった。運行ルートは同協議会が検討してきた案がベースとなっている。「運行実験から15年越しの実現。地元の人も喜んでいる」と藤田さん。

 運行は日曜と火曜、午前9時台から午後5時台まで。初山の食品館あおばを起点に13カ所の停留場をまわる。利用は無料。

宮前区版のトップニュース最新6

4カ月振りに始動

北高野球部

4カ月振りに始動 スポーツ

代替大会ベスト8めざす

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

収蔵品の搬出が完了

市民ミュージアム

収蔵品の搬出が完了 社会

3カ月遅れも開館は未定

7月3日号

「情熱は消させない」

みやまえ太鼓ミーティング

「情熱は消させない」 文化

実行委 中止受け結束強化

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク