宮前区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

川崎市ブロック塀撤去 助成金低調、利用2割弱 制度の周知進まず

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

 倒壊の恐れがあるなど危険なブロック塀の撤去を促進するために、川崎市が設けた助成金制度の利用が低調だ。来年3月まで600件の利用を見込むが、8月27日時点で2割弱の111件。市は周知不足を認めながらも、市民の「危険」を取り除くために利用を進めたい考えだ。

 川崎市は昨年11月、「ブロック塀等撤去促進助成金」制度を設けた。大阪北部地震でブロック塀が倒壊し女児が亡くなった事故を受けた安全対策。民家のブロック塀などは私有財産のため、撤去費用は個人負担だが、市がその一部を負担する。

 道路や公園に面し、安全性の確認ができない高さ1・2mを超えるブロック塀などが対象で、撤去費用の半額を上限30万円まで市が助成する。

 昨年度(11月〜3月)は利用申請数を200件、1件10万円と想定し、2000万を予算計上したが、利用は72件、770万円にとどまった。今年度は400件を見込み、4000万円を予算計上したが8月27日時点での利用は39件、420万円。

 利用件数が伸びない理由として市は周知不足が一因と認めている。今年度の助成金について相談は10件に満たなかったが、8月初旬に市内全町内会に助成金制度の案内を回覧したところ19件寄せられたという。

 一方で、川崎区のある町会長は回覧だけでは効果は限定的だと指摘する。「ブロック塀のある家は高齢者宅が多い。皆さん危険だという認識はもっている。個別訪問などで制度の説明を受ければ利用する人も出てくるのでは」と話す。

 同制度は2020年度までの時限措置だが、今の利用状況では来年度の予算編成への影響は避けられない。市担当者は「地震時の歩行者の安全のためにもぜひ状態確認をしてほしい。危険なブロック塀は助成金を使って撤去をしてもらいたい」と呼びかける。

宮前区版のトップニュース最新6

4カ月振りに始動

北高野球部

4カ月振りに始動 スポーツ

代替大会ベスト8めざす

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

収蔵品の搬出が完了

市民ミュージアム

収蔵品の搬出が完了 社会

3カ月遅れも開館は未定

7月3日号

「情熱は消させない」

みやまえ太鼓ミーティング

「情熱は消させない」 文化

実行委 中止受け結束強化

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク