宮前区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

土橋在住西村さん 多世代交流でシニア応援 地域包括センターと連携

文化

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
イベント発案者の西村さん(上)、当日の様子
イベント発案者の西村さん(上)、当日の様子

 土橋在住の西村ルミさん(48)が発案した高齢者と子育て世代を繋ぐ企画「エンジョイ・シニアの大文化祭」が10日、特別養護老人ホームフレンド神木で初開催された。西村さんの「シニアもキラキラした気持ちでセカンドライフを楽しんでほしい」との想いが、地域包括支援センターの協力のもと実現した。

 西村さんは生活アロマアドバイザーとしてワークショップなどを実施している一児の母。個人事業を行う子育て中の母親らの交流の場「Me×Mom」の代表としても活動している。

 今回のイベントは鷺沼駅前で6月に実施された「まちかどマルシェ」でアイデアを得たという。「ママたちが作ったアクセサリーや雑貨をシニア世代が楽しそうに購入していた。高齢者に特化したイベントはあるが、子育て世代と高齢者が繋がる場があっても良いのでは」と発案。区役所の企画で繋がった人脈を生かし、フレンド神木地域包括支援センターに提案し、開催が決まった。

 イベントでは耳つぼジュエリーやハンドメイド雑貨の販売などが行われ、西村さんは「シニアの方が楽しそうに買い物する姿が見られて嬉しかった」と当日を振り返る。一人暮らしの高齢者も来場し、「外出するいい機会になった」との声もあったという。

相談窓口の活用を

 地域包括支援センターの機能周知も目的の一つ。同センターは介護や福祉、医療に関する相談を受け付けているが、認知不足という。西村さんは「安心して自分らしく生活するためにも何か困ったときに相談できる場があることを知っておくことが大切」と話す。

 同センター担当者は「センターの存在を初めて知ったという人もいた。相談窓口として知ってもらい、活用いただく一歩になった」と話す。

 西村さんは今後、他のセンターでの開催も検討しているという。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

社交ダンス、3大会で優勝

白井泰昭さん(野川本町)

社交ダンス、3大会で優勝 スポーツ

世界への挑戦権を手に 

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化 

12月6日号

市内報告数 過去10年で最多

人食いバクテリア

市内報告数 過去10年で最多 社会

宮前区で5件

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

藤森さん「現代の名工」に

藤森さん「現代の名工」に 文化

区内唯一 鷺沼のパン職人

11月22日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク