宮前区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

「『ご近助』の取組を大切に」 高橋区長にインタビュー

社会

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
質問に応じる高橋区長
質問に応じる高橋区長

 2020年の年頭にあたり、高橋哲也宮前区長にインタビューを行った。区長に就任した昨年の振り返り、今年の展望などを聞いた。 (聞き手/宮前区編集長・山田洋平)

 --昨年は区長に就任した年でした

 宮前区デビューは宮崎台のさくら祭りでした。それから様々な人にお会いしましたが、地域の方々が自然、歴史、文化など宮前区にとても愛着を持って活動していると感じています。町会長が街角に立ち地域を見守っている姿を拝見し、地域に対する思いに感銘を受けました。

 --印象的なことは

 防災とマルシェをテーマに、宮前区全町内・自治会連合会と(株)フロンターレ・フロンタウンさぎぬま主催の「みやまえご近助ピクニック」が初めて開催されたことです。防災に関心が高い子ども連れの若い世代がたくさん来場し、子育て世代も本当は地域に高い関心を持っているということが実感できました。

 --課題と感じていることはありますか

 地域防災力の強化です。ご近助ピクニックでも企画に盛り込んだのですが、「災害リアリティ」の観点が重要だと考えます。昨年の台風19号は川崎市に甚大な被害がありました。市全体で災害対応力の強化に取り組むことが必要です。

 --鷺沼再開発に関する取組は

 昨年は市を挙げて取り組む「宮前区のミライづくりプロジェクト」がスタートしました。「区全体をより良いものに」という思いを込めて名付けています。新しい区役所、市民館、図書館の検討では、民間事業者と連携し、文化、交流拠点や新たなコミュニティの創出を目指しています。現在の区役所等の施設・用地の活用の検討では、区全体の魅力や安全・安心、暮らしの向上を目指して検討を進めています。向丘出張所機能についても、地域の皆さまと共に検討が始まっています。今年も区全体を発展させるために、区民の皆さまと共に取り組んでいきたいです。

 --今年の抱負は

 宮前区の地域包括ケアシステムを進める上でも昨年誕生した「ご近助」というキーワードを大切に取組を進めていきたいと思います。近くに住む人たちが、支え合い、助け合い、笑顔にあふれ、さらには地域で子どもを守り育てるエリアになれば。また地域の様々な活動が積極的に発信されることで、地域活動への参加のきっかけが促される仕組みづくりに取り組んでいきたいと思います。

川崎市特別定額給付金のお知らせ

申請期限は令和2年8月31日まで!コールセンター0120-756-752

http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000117187.html

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

「純粋な時代だった」

戦後75年インタビュー

「純粋な時代だった」 社会

野川本町在住 小泉一郎さん(90)語る

8月14日号

販売数、見込みの5割

川崎じもと応援券

販売数、見込みの5割 社会

   商店主ら「大型店も対象に」

8月14日号

街路灯「維持費に重荷」

市商連

街路灯「維持費に重荷」 社会

補助金増額、市へ求め

8月7日号

野菜高騰、影響各所で

野菜高騰、影響各所で 経済

日照不足で前年2倍も

8月7日号

「宮前梨」が旬、8月から直売

「宮前梨」が旬、8月から直売 社会

天候に不安も順調に生育

7月31日号

地元で集客促進へ

市内観光事業者

地元で集客促進へ 経済

「GoTo」頼らず独自策も

7月31日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク