宮前区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

今年の花粉は例年並み 自然環境保全C(センター)が調査

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 自然環境保全センター(厚木市)がこのほど、今春の花粉飛散量調査を行い、「ヒノキは少なく、スギは例年並み」と発表した。花粉飛散量予測のため、同センターが県内のヒノキ林40カ所、スギ林30カ所で花粉を飛散させる雄花の着花量調査を実施。

 ヒノキの着花量はこの調査が始まり8年間で、2番目に少ない。同センターでは「今春の花粉飛散量は昨春と比べるとやや増えるが、例年に比べ少ない飛散になる」。スギは「やや多かった昨年に比べると減少するものの、過去22年間の平均に比べるとわずかに高いが例年並み」と予想。

 どちらも夏が猛暑だと雄花の着花量が増えるという。「昨夏は7月が涼しく、ヒノキの雄花の着花量は減少した。しかし8月は平年よりも気温が高く、スギの着花量はそれほど減少しなかった」と同センターは推測している。

 調査は県内森林地帯で、双眼鏡などで着花状況を観察、点数化した。今年の点数は100点中、ヒノキは33・2点、スギは45・7点だった。

宮前区版のローカルニュース最新6

「新たなドラマを」

【Web限定記事】

「新たなドラマを」 スポーツ

等々力球場、完成祝い式典

10月23日号

夢見ヶ崎で植樹祭

【Web限定記事】

夢見ヶ崎で植樹祭 社会

市内100万本達成記念で

10月23日号

今年は ”うちで化けよう”

今年は ”うちで化けよう” 文化

カワハロ「仮装動画」募集

10月23日号

景況感「依然厳しく」

川崎市内中小企業

景況感「依然厳しく」 経済

川信調査、8期連続マイナス

10月23日号

泥んこで収穫

泥んこで収穫 教育

飛森谷戸(とんもりやと)で稲刈り体験

10月23日号

財政白書を発行

希望者に無料配布

財政白書を発行 社会

市職労・自治研センター

10月23日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク