宮前区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

川崎市 マスク34万枚を配布 医療機関、児童施設などへ

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
マスクが不足する医療現場
マスクが不足する医療現場

 川崎市は13日、新型コロナウイルス感染症対策のため、備蓄するマスク34万1千枚を市内の医療機関や児童施設に配布を始めた。医療機関には、医師会や歯科医師会、病院協会などを通じ、マスクが不足する施設へ計20万枚を配布。児童施設は、保育所、幼稚園、わくわくプラザ、こども文化センターなど約千施設が対象。1施設あたり100枚を基準に、郵送か手渡しで順次配布する。

 配布するマスクは、感染症の流行時などに備え、市役所の機能や業務の継続を目的に備蓄しているもの。2009年に新型インフルエンザが流行して以降、市は必要業務に携わる職員が使用する3週間分を想定し約93万枚を備蓄。市危機管理室の担当者は「今回は緊急措置として市内への配布を決めた」と話す。

 市認定保育園の園長は「新型コロナとは関係なく保育士にはマスク装着を義務づけている。不足分は保護者からの寄付で賄ってきた」と訴え、市内の歯科医は「マスクの在庫が少なく滅菌処理し再利用している。配布はありがたい」と話した。

宮前区版のローカルニュース最新6

世界遺産の魅力に迫る

世界遺産の魅力に迫る 教育

アリーノで講座受付中

2月26日号

「ラブみやまえ」あす本番

「ラブみやまえ」あす本番 文化

13回目は初のオンラインで

2月26日号

「コロナだからこそできることを」

ラブみやまえインタビュー

「コロナだからこそできることを」 文化

松本実行委員長が抱負を語る

2月26日号

エコバッグ作りませんか

自治会オリジナル

エコバッグ作りませんか 文化

2月26日号

近づく春の足音

平瀬川の河津桜

近づく春の足音 文化

2月26日号

各区に実験拡大

市シェアサイクル

各区に実験拡大 社会

宮前は鷺沼・宮前平駅周辺

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク