宮前区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

(PR)

抜かずに無理やり、早期の抜歯は要注意 骨の成長を考慮し、治療進める 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 「幼少の頃から矯正治療を始めさえすれば、歯を抜かなくて済む」- 。そう考えている人も多いが、「必ず歯を抜かなくて済む、というのは間違いです」と「宮崎台やすい矯正歯科クリニック」の安井正紀院長は話す。

 矯正医が自由自在に口の中の大きさを変え、歯を動かすということは不可能。そこには患者の成長発育が大きく関わってくるという。「口の中を広げたり、歯を動かすことには限界がある。歯を動かせば骨が大きくなるということもない」と安井院長。

 矯正医の役割は成長発育によって大きくなった骨の範囲の中で歯を動かしていくこと。安井院長は「おおよその成長時期は分かるが、成長量は予測がむずかしい。成長が少ないお子様に関しては口の中があまり大きくならず、将来的には抜歯が必要になる可能性も高くなる」と話す。

 歯を抜かずに無理やり並べてしまうと、支えている骨から歯が飛び出してしまい、口元の状態を悪化させたり、歯周病の原因をつくることにもなりかねない。

 安井院長は「成長発育を見ながら治療を進めていくことが大切。早い段階で抜歯をしてしまったり、逆に抜かずに無理やり並べることは避ける必要がある」と話した。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

掲示板活用し、情報発信

「今、できることを」 宮前区町連

掲示板活用し、情報発信

行政と連携、安全安心に貢献

5月29日号

「医師が自宅に伺います」

365日&24時間体制

「医師が自宅に伺います」

在宅療養支援診療所「椿クリニック」

5月29日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月15日号

院内感染予防の強化、安全安心の治療を

研磨ブラシの使い捨て化を実施

院内感染予防の強化、安全安心の治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月15日号

「地域のために」地元で働く

アリーノ図書室職員 急募

「地域のために」地元で働く

経験者歓迎!5月25日締切

5月15日号

「安心してのご利用を」

「安心してのご利用を」

平安会館みやまえだいら ご葬儀相談随時受付中

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日18:48更新

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク