宮前区版 掲載号:2020年4月10日号 エリアトップへ

県政報告 新型コロナ、拡大防止に全力 県議会議員(自民党)持田文男

掲載号:2020年4月10日号

  • LINE
  • hatena

 猛威を振るう新型コロナウイルス感染症は、世界的な規模で感染が拡大しています。県は国内初の感染者が確認されると、いち早く専用の相談ダイヤルを設ける等、県民の不安解消に向けて取り組んできました。横浜港に入港したクルーズ船の集団感染については、国や横浜市、災害時派遣医療チーム等と一体となって対応しました。

特別委員会を設置

 第1回県議会定例会では、暮らし・安全・防災・産業・観光・教育などの枠を超えて議論できる場を設けようと、2月26日に「新型コロナウイルス感染症対策特別委員会」を設置。3月11日には第1回特別委員会を開催し、国内外の発生状況の把握と今後の県の対応について協議しました。4月15日には2回目の開催が予定されています。

 こうした水際での取組にもかかわらず、新型コロナは国内各地で引き続き増加しており、地域医療や福祉をはじめとする県民生活に多大な影響を与え、学校の休校措置により、児童・生徒や保護者などにも大きな負担となっています。経済面においても飲食業や観光業、製造業など県経済への影響も大きく、特に中小企業の受ける打撃は深刻なものがあります。

対策強化を要望

 今後は、感染が拡大した場合に備えて、医療提供体制の強化を図るとともに、国民の不安解消に向け、情報提供や相談体制の充実も求められます。そこで、県議会は3月25日、「新型コロナウイルス感染症対策の一層の強化を求める意見書」を国に提出。新型コロナから国民のいのちと健康を守るとともに、国民のくらしや経済に与える影響を最小限のものとするよう、機動的かつ実効性のある措置を講じられるよう要望しました。

 県議会は同じく3月25

日、児童生徒に1人1台の学習者用端末と高速大容量ネットワークを整備する「『GIGAスクール構想』の実現と円滑な推進を求める意見書」を国に提出しました。一斉休校でオンライン授業に対するニーズが一気に高まっている状況においては、一刻も早いインフラ整備が不可欠です。

 新型コロナは先を見通すことができません。緊急事態宣言下では、私たち自らが身近な家族や社会のため、不要不急の外出等を避け、冷静にこの危機を乗り切ることが大切です。県議会としても感染の拡大防止に向け、引き続き全力で取り組むことはもちろん、皆さまの声に耳を傾け、実効性のある対策を講じることを要望していきます。

神奈川県議会議員 持田文男

川崎市宮前区宮前平1-8-2

TEL:044-857-2301

http://f-mochida.com/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

市民の力で気候変動をとめよう

意見広告

市民の力で気候変動をとめよう

神奈川ネット 県議 佐々木ゆみこ

1月22日号

市立学校、コロナ対応の今!

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

市立学校、コロナ対応の今!

〜臨時休業ルール改定〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月15日号

デジタル化で便利な社会に

国際ルール作り 主体的に 意見広告

デジタル化で便利な社会に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

1月8日号

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

市政報告Vol.33

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月8日号

市と教育委員会にコロナ対策を要望

市政報告

市と教育委員会にコロナ対策を要望

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

1月1日号

コロナ克服へ総力を挙げる

市民のシビックプライドを醸成 12月議会報告

コロナ克服へ総力を挙げる

公明党 川崎市議会議員 山田はるひこ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク