宮前区版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

かわさき市政だより 5月から「21日号」のみ 創刊以来初の休刊対応

社会

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
既刊の市政だより
既刊の市政だより

 川崎市が月2回発行する広報誌「かわさき市政だより」が、5月から8月まで1日号を休刊し、21日号のみ発行されることになった。新型コロナウイルス感染症対策で町内会や自治会への配布依頼を中止するためで、市は「適時適切な情報を提供する」としている。

 今月7日に発令された国の緊急事態宣言を受け、市は「市政だより」1日号の休刊を決定。5月からは市内全域に同じ誌面で配布する21日号に、毎月の内容を集約する。

 休刊措置となるのは創刊以来初めて。市は毎月1日号の配布作業を町内会・自治会に委託。町内会や自治会の関係者は、町内会館などで仕分け作業をし、各戸に配布している。21日号は日刊7紙の新聞折込で配布。5月からは、人の接触や密集空間での作業を伴う配布は中止し、新聞折込による配布方法に統一する。

 「市政だより」を編集する市総務企画局シティプロモーション推進室の担当者は「2月1日号から、情報掲載したイベントが多く中止になり、発行しては訂正することが続いていた」とし、製作体制が整っていないことも要因に挙げる。休刊期間は状況に応じて検討していくという。

各区の情報も掲載

 5月からの市政だよりは4ページで発行。通常1日号で掲載されている各区版はなくなるが、7区からの重要情報は引き続き掲載する。紙面構成は未定だが「新型コロナの情報や行政手続きのほか、内容が暗くなりすぎないよう、市に愛着を持てるような情報も盛り込みたい」と同担当者。月に発行する総ページ数は減る一方でイベント情報が減るため「市から発信したい必要な情報はきちんと届けることはできる」としている。

 21日号の発行部数は33万部で1日号の58万部より少ない。補完として5月以降は公共施設や駅、コンビニの配架数を1万部は増やすという。また市ウェブサイトや公式LINEから電子ブック版などが閲覧できる。

 「市政だより」は前身の「川崎市政時報」が1950年に発刊され、57年に改称。1996年から月2号体制となった。

宮前区版のトップニュース最新6

「住宅街の秋」が最高賞

区写真コンテスト

「住宅街の秋」が最高賞 文化

西方さん(宮崎在住)に栄誉

1月29日号

市地域文化財に「乳イチョウ」

市地域文化財に「乳イチョウ」 文化

影向寺で4つ目

1月29日号

川崎第54団で増員続く

ボーイスカウト

川崎第54団で増員続く 文化

190人 県内最大の大所帯

1月22日号

市、接種訓練実施へ

新型コロナワクチン

市、接種訓練実施へ 社会

27日 全国自治体で初

1月22日号

防災パーゴラを設置

県立東高根森林公園

防災パーゴラを設置 社会

非常時の避難所として

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第7回『緑内障の目薬はずっとつけないといけないでしょうか?』

    1月29日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク