宮前区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

市民の生活様式 共有 宮前区 体験談や作品募集

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
同課メンバー。ソーシャルディスタンスに気を付けながら
同課メンバー。ソーシャルディスタンスに気を付けながら

 「人との距離を保つなど感染防止の行動が求められ、改めて家族や地域とのつながりの大切さを実感している人も多いのでは」-。宮前区地域ケア推進課では、外出自粛中や政府が提案した「新しい生活様式」の中での心温まるエピソードや作品を募集している。応募チラシも庁舎内で工夫し仕上げた。

 「家族と接する時間が増えた人も多いはず。改めて感じた家族とのつながりや、地域とのほっとするエピソードを共有し、共感の輪を広げたい」。地域での助け合いを推進する部署が、数々のイベントなどが中止となる中で何かできないかと発案した。

 応募チラシや区のホームページには要項とともに参考例として、手作りマスクや菓子、イラストなどの作品が掲載されている。「テイクアウトを買い求め2m間隔で列を作る中、前に並ぶ人と大声で話していたら元気が出た」「水族館に行きたがる子どもと絵を描いたら部屋が紙の水族館に」などというエピソードも紹介。これらはすべて区職員の実体験をまとめたものだ。

 同課担当者は「地域のつながり、支え合いこそ地域包括ケアシステム。気軽に応募してほしい」と呼びかけている。

「感じたこと」テーマに

 応募作品は、自粛生活や新しい生活様式の中で感じたことをテーマに【1】家族や地域とのつながりを感じたエピソード(400〜800字)【2】自作したものを撮影し、家族や地域とつながるコメント100字以内を添えたもの-のいずれか。つながりを大切にし、体験を区民と共有したい人なら誰でも応募可能。先着50作品を募集し、選考は行わずに順次区ホームページに掲載。携帯用ウエットティッシュなどの参加賞も用意されている。

 応募は作品と必要事項を記入の上、メール(【メール】69keasui@city.kawasaki.jp)または同課へ郵送。詳細は【電話】044・856・3300へ。

宮前区版のトップニュース最新6

4カ月振りに始動

北高野球部

4カ月振りに始動 スポーツ

代替大会ベスト8めざす

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

収蔵品の搬出が完了

市民ミュージアム

収蔵品の搬出が完了 社会

3カ月遅れも開館は未定

7月3日号

「情熱は消させない」

みやまえ太鼓ミーティング

「情熱は消させない」 文化

実行委 中止受け結束強化

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク