宮前区版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

五所塚 崖崩れ斜面 改修開始 同様「石垣」を住人ら懸念

社会

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena
改修工事中の現場(左)と近隣の石積み斜面地
改修工事中の現場(左)と近隣の石積み斜面地

 昨秋の台風19号の影響により崖崩れが起きた石積み斜面地(五所塚)の改修工事が、大型連休明けに始まった。「石垣」は1960年〜61年に市の宅地開発で造成されたもので、町内には同様の斜面地が点在する。市は市有地4カ所で詳細調査を実施したが、民有地については適切な維持管理の指導にとどまるなど、住人からは不安の声も聞かれる。

 五所塚の崖崩れ現場で改修工事が進んでいる。請負業者によると、造成される擁壁は幅34m、高さ5m。壁面には3平方メートル以内ごとに1カ所以上の水抜き穴を設け、雨水を排出するための側溝も新たに確保した。コンクリートの量も多く、角度はこれまでの75度より緩やかな65度の設計。8月末の完成を予定している。

市有地を調査

 同地域は約60年前、市内最初の宅地開発として誕生した。石垣も同時期に造成されたもので、町内には現在も10カ所以上が点在する。昨年10月の台風19号の際、その一つである通学路に面した民有地の崖が崩れ、道路は寸断された。

 崖崩れには複合的な要因があるものの、市は現在、崖崩れのあった現場と同様の石積み斜面地4カ所で測量と地質調査を実施中。秋には調査結果をまとめ、被害の防止に努める方針だ。

 市が管理するのはあくまで市有地のみ。民有地については維持管理の指導にとどまる。五所塚町内会の高久實会長は「バス通りに面した石垣もある。優先順位をつけて民有地でも詳細調査をしてほしい」と訴える。

宮前区版のトップニュース最新6

4カ月振りに始動

北高野球部

4カ月振りに始動 スポーツ

代替大会ベスト8めざす

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

収蔵品の搬出が完了

市民ミュージアム

収蔵品の搬出が完了 社会

3カ月遅れも開館は未定

7月3日号

「情熱は消させない」

みやまえ太鼓ミーティング

「情熱は消させない」 文化

実行委 中止受け結束強化

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク