宮前区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

市政報告 教室不足に拍車 再開発計画は見直しを 日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 鷺沼駅前再開発が教育環境に与える影響について、検証してみました。計画されている37階と20階という2棟の超高層タワーマンションが地域の小学校の教室不足に拍車をかけ、深刻な事態が想定されています。

 バスターミナルや「フレル」がある「駅前街区」は、鷺沼小学校の学区。JAセレサなど銀行のある「北街区」は、土橋小学校の学区です。事業者が作成した「環境影響評価準備書」によると、土橋小学校では、マンション共用時(2026年度)には、児童数1123人(本計画では78人増)、学級数は32クラスになり、現有31教室に対し1教室分の対応が必要となり、土橋小学校では、マンション共用時(2029年度)には、児童数1143人(同30人増)となり、現有30教室に対し2教室不足になる予測です。

 「何とかなる」と考えていたら、それは違います。この計画は40人学級を前提していて、今後、少人数学級の拡充がさらに求められるのに、人口の集中による教室不足は、それを進める大きな障害になるからです。おりしも、コロナ禍において、学校でもソーシャルディスタンスが求められ、人と人の距離を2メートル確保するためには、20人学級が必要となります。何よりも、一人一人に行き届いた教育を保障するためにも、少人数学級は必要です。この地域の子どもたちに、その環境を保障することが困難になる計画を、そのまま認めてよいものでしょうか。

 環境影響評価書はこの問題について次のように「評価」しています。「入居開始前までに川崎市に報告することにより、川崎市による事前の対応が図られると考える」「本事業に伴って発生する児童・生徒数の増加が、計画周辺地域の生活環境の保全に支障を及ぼすことはないものと評価する」――と。大規模マンションを作り、そのあとの始末は行政に押し付けるやり方です。少なくとも、その”つけ”を子どもたちに押し付けるような計画は見直すべきです。
 

石川けんじ

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

児童生徒の暴力・不登校等データ分析!

宮前ガバナンス1月号  連載寄稿

児童生徒の暴力・不登校等データ分析!

〜学校は課題の解決を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月14日号

都計道 横浜生田線(水沢工区)の状況について質問

市政報告Vol.38

都計道 横浜生田線(水沢工区)の状況について質問

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月7日号

「子育て給付金」を所得制限なしに

市政報告

「子育て給付金」を所得制限なしに

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

1月1日号

町内会活動が新たな町づくりの契機に

一人によりそう。明日へつなぐ 市政報告

町内会活動が新たな町づくりの契機に

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

1月1日号

暮らしを守る 安心をカタチに

市政報告

暮らしを守る 安心をカタチに

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

1月1日号

「川崎市犯罪被害者等支援条例」策定

宮前ガバナンス元日特別号  市政報告

「川崎市犯罪被害者等支援条例」策定

川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook