宮前区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

じもと応援券 新生児に2冊支給 販売数5割強、3次販売へ

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
利用店舗にはドラえもんのポスターが張られる(市提供)
利用店舗にはドラえもんのポスターが張られる(市提供)

 川崎市は中小企業支援対策として発行したプレミアム商品券「川崎じもと応援券」を今年4月28日から12月31日までに生まれた新生児に支給することを決めた。国が1人10万円を給付する特別定額給付金の対象外となった新生児への支援を要望する市民の声に応える形だ。同期間に約9000人生まれると想定し、ひとりあたり2冊、計1万8000冊の支給を見込む。市こども未来局の担当者は「じもと応援券を使うことで、子育てする親には地元の良さを知ってもらい、店側には地域で子育てをするような意識を持ってもらいたい。両者のつながりに期待したい」と語った。

 市は応援券の販売を87万冊予定しているが、2次募集が終わった時点(8月13日)で47万3876冊にとどまる。市はあくまで「売り切る」とし、2次販売(9月7日から20日)終了後、3次販売を予定。販売数を伸ばすために事前申込制ではなく、利用店舗や臨時窓口などでの直接販売も視野に入れる。券の利用期間は現状は来年1月31日までだが、3月31日まで延長する予定だ。

 利用店舗の申し込み状況は8月24日時点で3651店舗。飲食店が1200店舗で約3分の1を占める。区別で見ると中原区が838店舗と一番多く、宮前区は390店舗にとどまる。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

区内NPOが「関東選抜」

マニフェスト大賞

区内NPOが「関東選抜」 社会

苦境店主の体と心ケアで

10月16日号

「中小企業支援」誓う

「中小企業支援」誓う 社会

川崎商議所が80周年

10月16日号

血管年齢など測定

福祉クラブ生協

血管年齢など測定 社会

24日に「健康チェック」

10月16日号

甘くて長〜いトンネル

甘くて長〜いトンネル 文化

金木犀ずらり

10月16日号

「いのちの電話」の現状とは

コロナ禍でニーズ拡大

「いのちの電話」の現状とは 社会

川崎センター 有田事務局長に聞く

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

ヤマハ 秋のおためしレッスン

教室内は感染症対策を徹底。ソーシャルディスタンスを保ってできるので安心です。

https://www.yamahamusic.jp/lesson/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク