宮前区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

じもと応援券 新生児に2冊支給 販売数5割強、3次販売へ

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は中小企業支援対策として発行したプレミアム商品券「川崎じもと応援券」を今年4月28日から12月31日までに生まれた新生児に支給することを決めた。国が1人10万円を給付する特別定額給付金の対象外となった新生児への支援を要望する市民の声に応える形だ。同期間に約9000人生まれると想定し、ひとりあたり2冊、計1万8000冊の支給を見込む。市こども未来局の担当者は「じもと応援券を使うことで、子育てする親には地元の良さを知ってもらい、店側には地域で子育てをするような意識を持ってもらいたい。両者のつながりに期待したい」と語った。

 市は応援券の販売を87万冊予定しているが、2次募集が終わった時点(8月13日)で47万3876冊にとどまる。市はあくまで「売り切る」とし、2次販売(9月7日から20日)終了後、3次販売を予定。販売数を伸ばすために事前申込制ではなく、利用店舗や臨時窓口などでの直接販売も視野に入れる。券の利用期間は現状は来年1月31日までだが、3月31日まで延長する予定だ。

 利用店舗の申し込み状況は8月24日時点で3651店舗。飲食店が1200店舗で約3分の1を占める。区別で見ると中原区が838店舗と一番多く、麻生区は277店舗にとどまる。

宮前区版のローカルニュース最新6

「新たなドラマを」

【Web限定記事】

「新たなドラマを」 スポーツ

等々力球場、完成祝い式典

10月23日号

夢見ヶ崎で植樹祭

【Web限定記事】

夢見ヶ崎で植樹祭 社会

市内100万本達成記念で

10月23日号

今年は ”うちで化けよう”

今年は ”うちで化けよう” 文化

カワハロ「仮装動画」募集

10月23日号

景況感「依然厳しく」

川崎市内中小企業

景況感「依然厳しく」 経済

川信調査、8期連続マイナス

10月23日号

泥んこで収穫

泥んこで収穫 教育

飛森谷戸(とんもりやと)で稲刈り体験

10月23日号

財政白書を発行

希望者に無料配布

財政白書を発行 社会

市職労・自治研センター

10月23日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク