宮前区版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

Bリーグ川崎BT バスケで挑め「SDGs」 市と協定 健康など3本柱

スポーツ

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
協定を交わした元沢社長(左)と福田市長=14日
協定を交わした元沢社長(左)と福田市長=14日

 バスケットボールを通じてSDGs(持続可能な開発目標)を実現しようと、B1・川崎ブレイブサンダース(BT)は新企画を発表。9月14日、推進に向けた協定を川崎市と結んだ。具体的施策に、保育所等へのバスケゴール寄贈やホーム戦の就労体験を挙げる。

 SDGsを掲げた川崎BTのプロジェクト名は、バスケともう一つの重要な活動という決意を込めた「&ONE」(アンドワン)。クラブ本拠地の自治体として川崎市に広報など支援を求め、協定にこぎつけた。川崎青年会議所の後援を受け、10月開幕の今季から始動。3カ年を目安に数値目標を設定している。

幼児ゴール寄贈へ

 プロジェクトではSDGsが示す17目標のうち「健康・福祉」「働きがい・経済成長」の2項目を組み合わせることで、「住み続けられるまちづくり」を実現させようと計画。健康の目標では、幼児用バスケットゴールを市内150カ所の保育所や幼稚園に3年かけて寄贈。さらにクラブ主催のスクールや大会等で、参加延べ人数1万人を目指す。働きがいでは昨季実績が269人だったホーム戦での就労体験人数を、3年目で369人に増やすとしている。

 政府は昨年、川崎市を「SDGs未来都市」に認定。市がパラスポーツ推進やごみ削減に取り組む中、DeNAグループのクラブ運営会社・元沢伸夫社長は「プロスポーツクラブとして、社会課題に対して継続的に何ができるか。昨秋以降、協議を重ねてきた」と振り返る。スポーツ界にも広まるSDGsだが、国内のプロクラブが具体的な数値目標を掲げるケースは珍しいという。福田紀彦市長は「元沢社長の本気を感じ、本当に心強い。(目標達成に向けた)メッセージが老若男女のファンに届くことを願う」と期待を寄せる。

 コロナ禍に見舞われた昨季、川崎BTはリーグ戦60試合のうち20試合が中止になったが、売上は前年比約1・5倍の9・9億円を計上。3年後の収支黒字化を目指す。

宮前区版のトップニュース最新6

「ご近助体操」で健康作り

「ご近助体操」で健康作り 社会

4団体が企画 テレビ放映へ

10月30日号

災害時にドローン活用

宮前警察署

災害時にドローン活用 社会

民間企業と協定締結

10月30日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

中学野球クラブ始動

区内初

中学野球クラブ始動 スポーツ

石倉さん、地元仲間らと

10月23日号

第3の居場所創出へ

まちかどシェア

第3の居場所創出へ コミュニティ文化

オンラインで市民活動発信

10月16日号

似顔絵 交流の契機に

民生委員

似顔絵 交流の契機に コミュニティ社会

訪問代替、野川地区で

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク