宮前区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

まちかどシェア 第3の居場所創出へ オンラインで市民活動発信

コミュニティ文化

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
イベントに向け会議する主催者ら
イベントに向け会議する主催者ら

 宮前まち倶楽部(辻麻里子代表)とさぎ沼商店会(菅原一夫会長)が共催する地域交流イベント「まちかどシェア」が10月31日(土)、オンラインで開催される。家庭や職場以外の第3の居場所「サードプレイス」を地域住民に見つけてもらおうと、市民団体による座談会などをウェブ上で実施する。

 「仕事と家庭だけ?じもとで見つけたサードプレイス」をイベントのテーマに掲げ、市民活動に携わる人による座談会や、活動紹介などをオンラインで生配信する。

 コロナ禍で外出も制限され、イベント中止も相次いでいることから、「こんな時だからこそ、家庭や職場以外のほっと一息つけるサードプレイスを見つけてほしい」と主催者。さぎ沼商店会担当者は「商店街もバーや居酒屋、店先で立ち話をするだけでも第3の居場所になり得るということを知ってもらう機会になれば」と期待を込める。

地域住民同士のつながり創出へ

 まちかどシェアは、地域住民同士の交流や、市民活動団体とのつながりの創出などを目的に年間4回、鷺沼駅前の東急住まいと暮らしのコンシェルジュのスペースを活用して実施している。

 区内在住の作家らによる手作り品や地場産野菜の販売などを行なってきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月と6月の開催を見送った。宮前まち倶楽部の辻麻里子代表は「まちかどシェアは人やスキル、活動などの街の資源をシェアする場として実施してきた。今回はオンラインで共有できれば」と話す。

 開催は午後1時から4時まで。オンライン上のテレビ会議ツール「ZOOM」で無料配信する。
 

宮前区版のトップニュース最新6

地域の暮らし 語り合う

ラブみやまえ

地域の暮らし 語り合う 文化

市民団体らオンラインで交流

3月5日号

計画 約1年延期へ

鷺沼駅前再開発

計画 約1年延期へ 社会

準備組合「収束後」見据え

3月5日号

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク