宮前区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

「緑化フェア」誘致を 市政100年に照準、意見交換

社会

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
懇談会で意見交換する委員ら
懇談会で意見交換する委員ら

 川崎市が市制100周年を迎える2024年の誘致を目指す「全国都市緑化フェア」。基本構想を策定しようと10月23日、各界から意見聴取をする懇談会が市役所で開催された。川崎商工会議所、川崎市商店街連合会、川崎市観光協会といった市内の団体や大学教授など、市から依頼を受けた10人の委員が出席した。

 冒頭、福田紀彦市長は「川崎は100年前からの都市開発の中で緑を失ってきた。都市緑化フェアはイベントをやることが意義ではなく、これまでの100年を振り返り、これからの緑が川崎市にとってどうあるべきかを考えるきっかけとしたい」とあいさつ。基本構想骨子(案)では「みどり」が持つ多機能性を、様々な課題解決に活用し、持続可能で魅力あるまちづくりを推進するとの基本理念が示された。

 委員からは「オリジナリティーが見られない」「メイン会場は富士見公園(川崎区)でふさわしいか」「多様性、SDGsなどをキーワードに入れるのはいいが、川崎なりの多様性が何かが見えない」などの意見が出された。

 市は今回出された意見を踏まえ基本構想素案を作成し、12月開催予定の第2回懇談会で示す。

宮前区版のローカルニュース最新6

世界遺産の魅力に迫る

世界遺産の魅力に迫る 教育

アリーノで講座受付中

2月26日号

「ラブみやまえ」あす本番

「ラブみやまえ」あす本番 文化

13回目は初のオンラインで

2月26日号

「コロナだからこそできることを」

ラブみやまえインタビュー

「コロナだからこそできることを」 文化

松本実行委員長が抱負を語る

2月26日号

エコバッグ作りませんか

自治会オリジナル

エコバッグ作りませんか 文化

2月26日号

近づく春の足音

平瀬川の河津桜

近づく春の足音 文化

2月26日号

各区に実験拡大

市シェアサイクル

各区に実験拡大 社会

宮前は鷺沼・宮前平駅周辺

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク