宮前区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

宮前平中出身柾木拓選手 "高校総体"全国3位 幅跳びでリレーの雪辱

スポーツ

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
先を見据えて練習に励む
先を見据えて練習に励む

 インターハイの代替え大会「全国高等学校陸上競技大会2020」が10月に広島県で行われ、宮前平中学校出身の柾木拓選手(法政二高3年)が幅跳びで3位に輝いた。

 引退試合の幅跳びで7m46を跳び3位に。「うれしいけれど、勝ちたかった」と振り返る。幅跳びの全国ランキング30位以内が出場権を得る同大会。ぎりぎりの順位で出場し、下馬評を覆しての金星だった。

 コロナ禍で今年中の大会はないだろうと見込んでいたが、大学進学後も陸上を続けるつもりで自主練を続けたのが功を奏した。部活が始まるというタイミングで肉離れを起こすも大会に照準を合わせ、市大会では100m走で自己ベスト更新の10秒64を叩き出すなど上り調子だった。

 広島の1週前、同大会のリレー競技に出場。入賞は射程圏内のはずだった。しかしバトンを落としてしまいまさかの予選落ち。仲間が色々と声を掛けてくれたと言うが「消化しきれていない」と肩を落とした。そんな中幅跳びで3位を奪取しリベンジ。大学では当初幅跳びをやるつもりはなかったが「日本一に再度挑戦したい」と闘志を燃やす。同高・野村忠信顧問は「体は小さいが、武器の早い助走がメダルにつながった。大学で経験を活かしてほしい」と背中を押す。

恩師も後押し

 同中陸上部の國田健太郎顧問も「うれしいの一言に尽きる」と話す。柾木選手は、大きい大会前と結果報告に毎回足を運ぶ仲。幅跳び専門だった柾木選手に100m走を薦めたのも國田顧問だ。「体は小さいが、幅跳び選手の中でスピードは誰にも負けない。國田先生の教えが活きている」と信頼を寄せる柾木選手。國田顧問は「今後も競技を続けると聞いた。日本一となって日の丸を背負うような選手になってほしい」と期待を込めた。
 

メダルを手にする柾木選手
メダルを手にする柾木選手

宮前区版のトップニュース最新6

地域の暮らし 語り合う

ラブみやまえ

地域の暮らし 語り合う 文化

市民団体らオンラインで交流

3月5日号

計画 約1年延期へ

鷺沼駅前再開発

計画 約1年延期へ 社会

準備組合「収束後」見据え

3月5日号

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク