宮前区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

秋の叙勲 宮前区民7人が受章 長年の功労に栄誉

文化

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena

 秋の叙勲の受章者が11月3日付で発表され、宮前区内からは叙勲4人と危険業務従事者叙勲3人が栄誉に輝いた。元宮前区蔵敷自治会会長の杉田進さん(76)=菅生=と元宮前消防団分団長の山根文男さん(79)=神木本町=に喜びの声を聞いた。

 叙勲は国家や社会に対して功労のある人に勲章を授けるもの。杉田さんは蔵敷自治会と向ヶ丘地区連合町内会、宮前区全町内・自治会連合会で会長を歴任。今回の受章について、「光栄だが、歴史を築いてきた先輩方のおかげなので申し訳ない気持ちもある」と先人への感謝の言葉を並べる。

 地域とのかかわりは、農家に婿入りしてから始まった。「近隣町内会の若者を集めて『同志会』を作った。今でも交流の続く大切な仲間たちです」と若き日を振り返る。リーダーとして心掛けてきたのは、その会の目的を見極めることだという。現在は全町連の顧問を務める。「いつの時代も地域のつながりは重要。後世にその思いを受け継いでいきたい」と強調した。

 山根さんが消防団に入団した頃はまだ分区前。分区後に人数は半減したが、その後は人員を欠くことなく活動した。「昔は農家や商人がやっていたけれど、サラリーマンが多い今は活動も大変だろう」と気に留める。やがて役が付き責任が重くなっても、第一に考えていたのは団員の安全だった。

 現在は宮前区交通安全協会の会長。「偉ぶらず天狗にならず、『和』を尊重し、関係各所と調整を図ることが大事」と説く。受章を「光栄でありがたい」と話す。「妻の理解あってここまで突っ走ってこれた」と家族への感謝の気持ちを述べた。

 宮前区在住の受章者は以下の通り(敬称略・順不同・年齢は11月3日時点)。

【2020年秋の叙勲】▽旭日単光章(地方自治功労)/杉田進(75)元宮前区蔵敷自治会会長▽瑞宝小綬章(経済産業行政事務功労)/大元修二(71)元特許庁審判部審判長▽瑞宝小綬章(国土交通行政事務功労)/沼田敏樹(70)元国土交通省大臣官房審議官▽瑞宝単光章(消防功労)/山根文男(79)元宮前消防団分団長【第35回危険業務従事者叙勲】▽瑞宝単光章(消防功労)/阿波野俊昭(70)元川崎市消防司令長▽瑞宝単光章(消防功労)/⻆田隆司(69)元川崎市消防司令長▽瑞宝単光章(警察功労)/広島哲雄(72)元石川県警部
 

勲記を手にする杉田さん
勲記を手にする杉田さん
受章を喜ぶ山根さん
受章を喜ぶ山根さん

宮前区版のトップニュース最新6

防災パーゴラを設置

県立東高根森林公園

防災パーゴラを設置 社会

非常時の避難所として

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

新たなつながり創りを推進

ニューノーマルに対応へ 新春インタビュー

新たなつながり創りを推進 社会

高橋区長 新年の抱負を語る

1月8日号

「防護服」を医療現場へ

なでしこ支援隊

「防護服」を医療現場へ 社会

ポリ袋使い700着超

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

全国水泳大会2冠

有馬中3年高橋さん

全国水泳大会2冠 スポーツ

中学通信、100m平泳ぎで

1月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク