宮前区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

青少年団体ミニカワサキ 手芸品などウェブ販売 社会の仕組み学ぶ一環

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
ミニカワサキのメンバー
ミニカワサキのメンバー

 市内の18歳以下の子どもが主体となり活動する「ミニカワサキ」が、期間限定のオンラインショップを開設した。12月6日まで、メンバーの手作り品やオリジナルTシャツなどを販売する。

 ミニカワサキは2018年に発足。有志が大人メンバーのサポートを受けながら、1年をかけて仮想のまちづくりに挑戦し、独自の通貨や選挙、消費を通して社会の仕組みを学ぶプログラムだ。今年は新型コロナの影響で成果発表の場であるイベントが中止になったことを受け、ウェブを活用。実地の雰囲気に近づけるため、オリジナル通貨への換金制度も盛り込んだ。メンバーの奥薗結子さん(小5)は「商品写真も工夫した。じっくり見てほしい」と話す。売上は来年度の活動資金に充てる。

仮想の街、マイクラで

 3Dブロックで成る仮想空間でモノ作りするゲーム・マインクラフトで作った「こどものまち」も28日に公開する。オリジナルの駅や交番、商店街などをデザイン。担当メンバー5人で放課後や休日を使って3カ月かけて制作した。メンバーの大城太耀さん(5年)は「立方体のブロックしかないので建物の再現が難しかった」と話す。糸井優貴さん(小6)は「頑張って作った街をぜひ『観光』してほしい」と呼び掛ける。

宮前区版のローカルニュース最新6

高齢者の介護や生活に関する展示

【Web限定記事】宮前市民館

高齢者の介護や生活に関する展示 社会

緊急事態宣言でミニ相談会は中止に

1月22日号

スギは例年並み、ヒノキは少ない

【Web限定記事】 花粉飛散量

スギは例年並み、ヒノキは少ない 社会

県調査で予測

1月22日号

馬絹神社でどんど焼き

馬絹神社でどんど焼き 文化

無病息災願い

1月22日号

自治消防今もなお

自治消防今もなお 文化

馬絹地区で出初式

1月22日号

地域をつなぐ祝い箸

「ご近助マスク」第2弾25日から

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク