宮前区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

市民のシビックプライドを醸成 12月議会報告 コロナ克服へ総力を挙げる 公明党 川崎市議会議員 山田はるひこ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

●新型コロナウイルス・がん・認知症の研究開発を検証

 米ファイザー社等の製薬企業によるmRNAワクチンの実用化に注目が集まる中、本市のキングスカイフロントにあるナノ医療イノベーションセンター(iCONM)では、新型コロナウイルス感染症のmRNAワクチンと片岡一則センター長(東大名誉教授)が開発したスマートナノマシンを応用し、薬剤を効率よく送達し、少量の接種で十分な免疫を獲得できる研究が進められています。また、難治性がんやアルツハイマー病の研究も進み、昨年9月には難治性乳がんの臨床試験が開始、アルツハイマー病も従来の100倍効率よく脳内へ投薬を可能とする成果が動物実験で確認され今後、臨床試験に移行する予定とのことです。

私は、iCONM等の研究成果をしっかりと市民へ伝えていくことが本市シビックプライドの醸成に繋がるものと考えます。

 そして人類の悲願ともいえるiCONMの中核研究である「体内病院」が、1日も早く実現するよう期待したいと思います。

●台風等に水防センターを活用

 昨年の予算議会で、多摩防災センターを本市水防センターとして活用するよう提案。市は、国・県と連携し検証、その有用性が評価されWi-Fi環境や新総合情報システム導入を整備しました。台風の場合、進路や勢力等が事前に把握でき対策する事で被害を最小限にし、発災後の対応も速やかに移す事も出来ます。関係局区・機関と共に民間事業者とのタイムラインを明確にすることが重要と指摘。市はタイムラインを早急に検討すると回答しました。

 また、台風19号で民間住宅や事業所の床下に溜まった排水作業の課題についても、提案の防災資器材補助メニューに可動式排水ポンプを追加する事や、本年1月からは防災協力事業者向けの研修会を7区で開催すること等が決まりました。

 今後とも、市民の安全安心のためしっかり取り組んでまいります。

片岡教授にiCOMNの説明を受ける
片岡教授にiCOMNの説明を受ける

山田はるひこ議員

神奈川県川崎市川崎区宮本町1 公明党川崎市議団

TEL:044-200-3361

http://www.yamada-haruhiko.net/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!遂に川崎競馬が市民に貢献!

私達のワクチン接種のこれから

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

私達のワクチン接種のこれから

〜かわさきワクチン情報〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

2月12日号

鷺沼駅前再開発の見直しに住民の声を

市政報告

鷺沼駅前再開発の見直しに住民の声を

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

2月5日号

市民の力で気候変動をとめよう

意見広告

市民の力で気候変動をとめよう

神奈川ネット 県議 佐々木ゆみこ

1月22日号

市立学校、コロナ対応の今!

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

市立学校、コロナ対応の今!

〜臨時休業ルール改定〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月15日号

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

市政報告Vol.33

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク