宮前区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

巨大生け花で想い一つに 馬絹の花木生産者が制作

文化

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
完成した巨大生け花
完成した巨大生け花

 JAセレサ川崎本店(宮崎)で1月5日、花卉(き)部馬絹支部による巨大生け花制作が行われ、高さ約5mの生け花が完成した。

 作品のテーマは「乗り越える」。花卉部馬絹支部支部長の名古屋徹さんによると、馬絹在住の同部員約10人がそれぞれ長い間、手塩にかけて育てた花木を持ち寄り制作。約2時間を費やし、大作を完成させた。

 「10年の間に雨や風や雪など色々ある。それを乗り越えた花木の姿を見て気持ちを和ませてもらえたら」。作品は正面玄関に飾られており、3週間程度の展示を予定している。

歴史ある馬絹の花木

 今回生けた花は白梅・蝋梅・南天・葉牡丹の4種類。毎年打ち合わせなしで持ち寄り、皆でインスピレーションを固めて作業に入るという。

 作品を前に名古屋さんは「部員の思いと花の良さを活かして作るので、これから一つになって頑張ろうという気持ち」とし「歴史も長く昔からの産地で、1年を通してたくさん栽培しているので、皆さんにもたくさん花に親しんでもらえれば」と思いを語った。馬絹地区は江戸時代中期から花の生産地として知られ、毎年、生産者が巨大生け花を制作している。

宮前区版のローカルニュース最新6

暴力団排除へ決意新た

暴力団排除へ決意新た 社会

横断幕とのぼり旗を寄付

4月16日号

宮前区勢が健闘

ライオンズクラブ杯

宮前区勢が健闘 スポーツ

市北部4区代表が激突

4月16日号

知ろう自分の体

川崎宮前ドリームス 初陣

川崎宮前ドリームス 初陣 スポーツ

区内初の中学軟式野球クラブ

4月16日号

性暴力根絶へ、50人が訴え

性暴力根絶へ、50人が訴え 社会

川崎駅前でフラワーデモ

4月16日号

ワクチン接種開始

川崎市

ワクチン接種開始 社会

12日、特養で40人

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter