宮前区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

新型コロナワクチン 市、接種訓練実施へ 27日 全国自治体で初

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
会場となる市立看護短期大
会場となる市立看護短期大

 政府が2月下旬の開始を目指す新型コロナウイルスのワクチン実用化を前に、川崎市は1月27日に集団接種会場の設営・運営に関する訓練を行う。国と、接種の実務を担う自治体との共同訓練は全国初。

 厚生労働省と共催し、米製薬大手ファイザー社の協力により、市立看護短期大学体育館(幸区)で訓練を実施する。受付から予診、接種の経過を観察する一連の流れを確認。マイナス70度での保管が必要となるワクチンの取り扱いも含めたシミュレーションで課題を洗い出す。訓練結果は全国自治体に共有される。

 市担当者は「ワクチンは随時供給が想定されるため、時間ごとの厳密な予約が必要となる。どれ位の規模に対応できるか確認したい。安全かつ確実に接種できるよう、速やかな体制構築を進めていく」と話す。

 市は、新型インフルエンザワクチン集団接種シミュレーションを2017年に経験。市の坂本昇医務監が国の予防接種基本方針部会の委員を、市健康安全研究所の岡部信彦所長が内閣官房参与と新型コロナウイルス感染症対策分科会のメンバーを務めることもあり、訓練実施が決定した。

市民への接種最短3月下旬か

 ファイザー社のワクチンは、接種した21日後にも2回目の接種が必要。昨年末に国の薬事審査に申請されており、承認されれば2月下旬に医療従事者に先行接種を開始。経過観察し3月中旬から本格接種、希望する市民への接種は最短で3月下旬から4月上旬が見込まれる。接種費用は全額国庫負担。接種会場は、複数で検討中。

 川崎市は1月18日、市内の新型コロナウイルス感染症の新規陽性者が39

人確認され、累計で6726人となったと発表した。宮前区は792人で、市内では川崎区(1471人)、中原区(1032人)、高津区(929人)に次ぎ4番目の多さ。年齢別では20代が最も多く1685人、30代が1105人で続く。

宮前区版のトップニュース最新6

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

地域への思い冊子に

平瀬川

地域への思い冊子に 文化

協議会が特別号作成

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク