宮前区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

障害者の芸術活動を支え、彼らが地域で普通に暮らせる社会をめざす 田代 流生(りゅうい)さん 有馬在住 39歳

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena

アートで拓く 多様な世界

 ○…地域包括ケアシステム推進講演会『地域で障害者と生きる人たちからのメッセージ』に登壇。障害者をアーティストとして捉える接し方を紹介した。社会福祉法人みのり会生活介護セルプ宮前こばとで、利用者のアート活動を支える。「教室ではなく、約60人のアーティストが世にはばたく手助け」ときっぱり。

 ○…建築家の両親の元に生まれた。家は絵画や彫刻などアートに溢れ、肩車されて美術館に行った思い出が残るなど、芸術は身近なものだった。自然とその道を目指し多摩美術大学へ。卒業後は営業やITなど別の業界も経験。その間もギャラリーを回り、アートと関わっていた。妻も同じ感性を持ち、4歳の息子と暮らす自宅にも、購入した利用者の作品を飾る。

 ○…一度は離れたアートの世界から、再び引き戻してくれたきっかけは、障害者の全国公募展。はみだした消火器の注意書きが、キャンパス上に踊るように自由に描かれており「今まで学んできたことがひっくり返るよう」な衝撃を受けた。地元施設利用者の作品と知り「こういった作品の傍で働きたい」とボランティアとして関わるようになり、今は絵画主幹として携わる。

 ○…利用者の作品を「感情で描くから迫力を感じる」と形容。「その分波がある。もっと良い所を引き出せるように」と、気分が乗らない時は画材や題材を変える提案をするなど、絵画講師らと試行錯誤の毎日だ。コロナの影響で発表の場が限られていたが、今はまた段々と増加傾向に。「うれしい限り。好きなことで稼げるようになれば」と夢は膨らむ。「誰もが大小の障害は抱えているから何も変わらないはず。存在を知ってもらって、地域で普通に暮らせる社会になれば」

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

高橋 乃愛さん

東京都代表としてバドミントンの全国大会に出場する

高橋 乃愛さん

野川台在住 14歳

10月22日号

福井 俊哉さん

認知症疾患医療センターに認定されたかわさき記念病院の院長を務める

福井 俊哉さん

潮見台在勤 66歳

10月15日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月8日号

中村 幸二さん

富士見台ウルフ少年野球クラブの監督を務める

中村 幸二さん

馬絹在住 64歳

10月1日号

日野 僚さん

ボクシング、日本フェザー級タイトルマッチに挑む

日野 僚さん

有馬出身 31歳

9月24日号

渡辺 啓さん

宮前区まちづくり協議会のウォーキング部会で部会長を務める

渡辺 啓さん

鷺沼在住 70歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook