宮前区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

被災地から宮前へ 避難者にインタビュー

社会

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
避難先の宮崎台で思いを話す溝渕さん(左)と長坂さん
避難先の宮崎台で思いを話す溝渕さん(左)と長坂さん

 東日本大震災の際、津波や原発事故で多くの人が避難を余儀なくされた。宮前区には当時40世帯ほどの被災者が、区内にある公務員宿舎などに避難した。10年が経ち故郷に戻る人だけではなく、宮前区内で暮らす人もいる。本紙は現在も宮前区にいる避難者にインタビューを行い、思いを聞いた。

 1人目は宮城県石巻市から避難してきた溝渕嘉則さん。津波に家を流され、知り合いを頼り宮前区に避難してきた。あの日から10年が経ち、「長いようで短かった。けれど、地域にたくさん面倒を見てもらってありがたかった」と率直な今の思いを語る。

 溝渕さんは、石巻の友だちから復興イベントに参加しないかと声をかけられたという。ただ、80歳と高齢で宮前と石巻を行き来するのも難しく、今年の3月11日は家で黙とうを捧げ過ごした。「もう戻らないと思うよ。故郷に戻ることをやめた人は多い」という。それでも「これからは宮前の人を支えたい」と前を向く。

 2人目は福島県大熊町から避難した長坂幸信さん。「あっという間だった」と、この10年を振り返る。3月11日はいつもと変わらず過ごした。しかし、今も津波の映像は見られないという。避難してきてからは、宮崎台で行われていた避難者を支援する「ひまわりサロン」の取り組みに救われてきた。「知らない土地でも孤独を感じなかった。地域に支えられて生きていると実感できた」と宮前への感謝を語る。長坂さんは現在、高津区に家を建てて暮らす。「もう戻らないと決めた。貰ったやさしさを恩返しできれば」と新天地での決意を新たにした。

 故郷に戻らなかった2人だが、今でも震災を忘れたことはない。思いを滲ませながら「震災を忘れないことが大事なんだ」と力強く語った。
 

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

高橋乃愛さん都制覇

バドミントン

高橋乃愛さん都制覇 スポーツ

11月全国大会「楽しみ、勝つ」

10月22日号

稗原小でロビコン

共用施設でアート展

宮前平グリーンハイツ

共用施設でアート展 社会

住人が出品 交流深め

10月22日号

頭を垂れ輝く稲穂

頭を垂れ輝く稲穂 文化

東高根に収穫の秋

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

新成人代表者、募集

新成人代表者、募集 社会

スピーチ原稿で選考

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook