宮前区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

富士見台小5年生 地域学び、いざ創立50周年 クラスごと「応援企画」

コミュニティ教育

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
ポスターを作成した児童(上)と横断旗を手にする児童 
ポスターを作成した児童(上)と横断旗を手にする児童 

 来年度、最高学年として創立50周年を迎える富士見台小学校(白石久美子校長)の5年生児童162人が、地域を学び直す企画を行っている。年明けから「商店」「公園」「交通」など、クラスごとにテーマを決め、地域を笑顔にする活動に取り組んだ。

 この地域応援プロジェクトは「校内を笑顔に」を掲げてコロナ下に実施された、富士見台プロジェクトから派生した企画。活動の担い手は来年度、最高学年となる5年生だ。「地域を笑顔に」と対象エリアを拡大して、冬休みの宿題に盛り込み、年明けから活動を開始した。

 企画を担当した藤田啓介教諭は「地域を知らない子どもたちが多かった。学校創立50周年の際には、児童を代表して地域の方々と関わりながら、周年行事を成功させてほしいと思った」ときっかけを話す。

 活動テーマは5クラスごとに決定。1組は「お店を応援」と題して休日に近隣の店を訪問。お勧め商品をポスターにして店頭などに貼った。3組は通学区域の危険箇所を調査し、安全マップや横断旗を制作した。その他の組では、ガーデニング団体の手伝いや紹介、神社や役所など、場所や人に焦点を当てたポスター作りなどを行った。

 横断歩道を担当した齋藤拓(ひらく)くん、岡田剛太くん、鶴岡直樹くんは「運転者や歩行者が事故にあわないでほしい」「街の人が笑顔で安全に過ごしてほしい」と同意。学年主任の宮崎誠教諭は「地域に目を向けた取り組みにより、自分たちの住む町に関心を持つ子が増えた」と成果を話す。記念式典は11月に開催予定。
 

宮前区版のトップニュース最新6

「認知症カフェ」オンラインで

「認知症カフェ」オンラインで 社会

グリーンハイツなど 県が支援

4月16日号

半世紀ぶり制服改定

菅生中学校

半世紀ぶり制服改定 教育

生徒主体にデザイン決定

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

住宅地9年振り下落

宮前区公示地価

住宅地9年振り下落 社会

16地点がマイナスに

4月9日号

危険なバス停 8カ所

宮前区内

危険なバス停 8カ所 社会

国交省 調査結果を公表

4月2日号

選手紹介にパラアート

みのり会×川崎BT

選手紹介にパラアート 社会

大型ビジョンに14人の肖像画

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter