宮前区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

宮前区公示地価 住宅地9年振り下落 16地点がマイナスに

社会

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
商業地での最高上昇地点となった鷺沼駅前周辺
商業地での最高上昇地点となった鷺沼駅前周辺

 国土交通省が先月発表した全国の住宅地や商業地の公示地価。コロナによる先行き不透明感で上昇地域が県内で大幅に減る中、川崎市内も上昇率は縮小傾向に。宮前区の住宅地では宮前平2丁目の地点が2%上昇したものの、初山や水沢など区内16地点の変動率がマイナスだった。

 調査対象となった宮前区の標準値は前年と変わらず住宅地36地点、商業地は6地点。前年調査では住宅地22地点が上昇し2地点が下落。今回は上昇が8地点、下落は16地点となった。

 区内住宅地で最も上昇したのは「宮前平2丁目15番28」で2%、価格は45万8千円だった。

 商業地で下落した地点はなく、最も上昇したのは「小台1丁目18番7外」で3%。価格は99万円となり、他は横ばい程度だった。

 平均変動率で見ると、宮前区は住宅地が前年1・3%に対し今回はマイナス0・1%、商業地は前年4%に対し今回0・9%。川崎市全体では住宅地0%、商業地0・8%。住宅地は2012から9年振りに下落に転じた。

 市内の傾向について、県政策局は「敷地規模が大きくても、地区計画などで分割できない土地が多い、または利便性に劣る地域では、地価の上昇圧力はこれまでも弱かったが、特に市中央部から北部で進行。横ばいや下落傾向で推移した」と分析する。

 一方、区内不動産関係者によると、駅に近い物件は今も売買にかなり動きがあり、人気エリアの実勢価格は上がっているという。「公示価格が下がっても実感はない。コロナの影響が、かえって住宅購入のきっかけにもなっているようで、宮前平や鷺沼などは田園都市線で渋谷へのアクセスが良く、特に都内からの流入が多く見られる」と話している。
 

宮前区版のトップニュース最新6

「認知症カフェ」オンラインで

「認知症カフェ」オンラインで 社会

グリーンハイツなど 県が支援

4月16日号

半世紀ぶり制服改定

菅生中学校

半世紀ぶり制服改定 教育

生徒主体にデザイン決定

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

住宅地9年振り下落

宮前区公示地価

住宅地9年振り下落 社会

16地点がマイナスに

4月9日号

危険なバス停 8カ所

宮前区内

危険なバス停 8カ所 社会

国交省 調査結果を公表

4月2日号

選手紹介にパラアート

みのり会×川崎BT

選手紹介にパラアート 社会

大型ビジョンに14人の肖像画

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter