宮前区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

元教員ら 児童の体力向上支え10年 KSD 記念誌で振り返る

スポーツ

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
記念誌を手にする高橋さん
記念誌を手にする高橋さん

 川崎市の児童の体力向上のため、元教員らを中心に運営する広域型スポーツクラブ・NPO法人かわさきスポーツドリーマーズ(KSD/齊藤義晴会長)が3月、設立10周年を迎えた。10年間の歩みをまとめた記念誌を発行し、事務局の高橋稔さんは「多くの人にKSDを知ってもらう機会になれば」と話す。

 KSDは市全域でスポーツに触れ合う機会をつくろうと、市教育委員会や市体育協会(現・市スポーツ協会)の協力を得て2011年に発足。放課後に学校のグラウンドや体育館で陸上やバレーボール、サッカー教室などを開催している。これまでに延べ2万5千人以上が参加。陸上教室からは全国大会に出場する児童も輩出するなど、実績も残してきた。

宮前小や宮崎台小で

 現在会場となっている学校は26校で、宮前小や宮崎台小ほか市内全区に及ぶ。講師は主に教員を定年退職した地域住民ら。約50人が自宅から近い小学校で指導している。「川崎市は昔から児童の体力不足が課題の地域。参加者の持久力が伸びるなど確実に体力向上につながっている」と高橋さん。

 年に数回は、教室外の児童も参加できる無料イベントを開催。15年にはサニブラウン選手、17年にはテレビ局の企画でウサイン・ボルト選手も訪れた。このほか寺子屋事業や成人向け教室など活動の幅を広げ、記念誌ではこうした歩みを99ページに凝縮した。

 東京五輪を控え、参加希望児童が増加傾向にあるというが、講師の人数が足りず受け入れ枠を増やせていない。高橋さんは「川崎市の子どもたちのために活動できる人の力を借りたい」と呼びかけている。

 記念誌やKSDに関する問い合わせは【電話】044・733・4408。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

清掃で広がれ地域の輪

鷺沼町会

清掃で広がれ地域の輪 社会

さぎぬまSC初参加

10月15日号

土橋今昔まち歩き

手作り冊子 第2弾完成

手作り冊子 第2弾完成 文化

向丘第1地区民児協

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook