宮前区版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

市眼科医会 「目の検診、充実を」 副市長に要望

社会

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市眼科医会(金子敏雄会長)はこのほど、3歳児や未就学児、市の健診における眼科検診の充実を求める要望書を市に提出。同会から代表して訪問した檀之上和彦副会長が、伊藤弘副市長に手渡した=写真。

 当日は健康福祉局長、こども未来局長も同席。檀之上副会長は、目の機能は6歳頃までに完成することから、視力異常の早期発見・治療が重要なことを説明。また、40歳以上では20人に1人が緑内障を患っていることや、緑内障は失明原因にもなり得ること等を話し、眼科検診体制の構築を強く要望した。

 同会はコロナ禍でのテレワークやオンライン授業の拡大で、近視が増加することも懸念。檀之上副会長は「学童の近視増加は学会でも発表されている。本来は身体と同様に定期的に検診すべき。県の推進する未病にも通じることで、会として訴えていきたい」と話す。

 檀之上副会長が理事長を務めるだんのうえ眼科クリニックでは6月、市内のいくつかの幼稚園で無償の検診を予定。未就学児の目の現状を把握し、市へもフィードバックする考えだ。

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook