宮前区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

川崎市 コロナ困窮に支援金 就労による自立図る

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症の影響で生活に困窮する世帯に向け、川崎市が「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給する。

 社会福祉協議会が実施している緊急小口資金等の特例貸付が限度額に達しているなど、特例貸付の利用ができない世帯に対して、就労による自立を図る。困難な場合には、生活保護の受給につなげる。月の支給額は単身世帯は6万円、2人世帯8万円、3人以上世帯10万円。決定から3カ月間支給される。

 対象は、申請月における世帯の収入合計額や金融資産合計額が規定内などの要件を満たす必要がある。なおかつ、ハローワークに求職申し込みをし、就職を目指し規定の活動を行う。

 支援金の対象となる可能性がある人には、順次個別で7月13日から市が申請書類などを発送している。申請受け付けは郵送のみで、8月31日消印有効。

 問い合わせは市自立支援金コールセンター【電話】0570・066・155へ(平日午前8時30分〜午後5時15分)。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook