宮前区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

「震災」絵本 115冊届く 福島民報社から市立小へ

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
右から福田市長、芳見社長、笹久保副代表
右から福田市長、芳見社長、笹久保副代表

 川崎市は7月21日、福島県の新聞社・福島民報社から東日本大震災と原発事故をテーマにした絵本「きぼうのとり」115冊の寄贈を受けた。絵本は市内の市立小学校全114校に配布される。

 震災の記憶や教訓を後世に伝えようと同社が企画制作した絵本。震災で家族や友人との別れを経験した3人の小学生が、復興に向け立ち上がる姿を描いている。

 朗読を通して同絵本の普及啓発をする「きぼうのとり絵本サポートプロジェクト」副代表の笹久保孝子さんが寄贈の橋渡し役となった。復興支援を行う川崎市内団体の代表も務める笹久保さんは「絵本をたくさんの人に知ってもらい、震災について考えてもらえたら」と話す。

 川崎市役所第3庁舎で行われた贈呈式で、福田紀彦市長は同社の芳見弘一社長から絵本を受け取った。福田市長は「絵本という形で、後世に伝えていく発想が素晴らしい。子どもたちに絵本の意味をしっかり伝えたい」と述べ、芳見社長へ感謝状を手渡した。芳見社長は「震災から丸10年。自分事として防災と自分や家族、友人の命を守る行動を考えるきっかけになれば」と思いを語った。

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook