宮前区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

古の風習、今なお灯して 長沢会館の大山灯篭

文化

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
灯篭に火を入れた片山さん
灯篭に火を入れた片山さん

 長沢自治会館の灯篭に7月26日、明かりが灯された。山岳信仰として江戸時代に庶民の間で流行した伊勢原の大山詣りの、古くから続く風習の名残だという。

 大山の開山期に合わせて毎年7月26日から8月16日まで、大山に続く辻々では、「講中」と呼ばれる仲間で毎晩灯篭に火を灯す。

 初日となったこの日、大山講と書かれた灯篭に、「当番なんだ」と火を入れた片山治郎さんによると、長沢と蔵敷で一緒の講が今も残っているという。「国道246号線は、昔は大山街道と呼ばれていた。講は近隣では高津と多摩にもあったね」とも。同会館の灯篭は移転を繰り返し、ここに落ち着いたもの。

 大山は雨乞いの神として農民に親しまれ、参拝仲間で「大山講」が関東南部を中心に結成された。各講の代表者が開山期に合わせ大山参詣に向かい、残った者が地域に大山灯篭を立て、火を灯して仲間の無事を祈ったのだという。

 片山さんは「古い風習、続いていくといい」と目を細めて話した。

 栃木や群馬にも大山灯篭が残っており、風習が続いている所もある。

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

高橋乃愛さん都制覇

バドミントン

高橋乃愛さん都制覇 スポーツ

11月全国大会「楽しみ、勝つ」

10月22日号

稗原小でロビコン

共用施設でアート展

宮前平グリーンハイツ

共用施設でアート展 社会

住人が出品 交流深め

10月22日号

頭を垂れ輝く稲穂

頭を垂れ輝く稲穂 文化

東高根に収穫の秋

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

新成人代表者、募集

新成人代表者、募集 社会

スピーチ原稿で選考

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook