宮前区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

西野川在住川名さん(46) 梨品評会で市長賞 前期の部65点から

社会

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
梨の状態を確認する川名さん
梨の状態を確認する川名さん

 セレサ川崎農業協同組合(原修一組合長)と川崎市による川崎市「梨・ぶどう品評会」が先月に開かれ、前期の部で最優秀となる川崎市長賞に川名徹さん(46)=西野川=の「幸水」が選ばれた。

 前期の部は8月10日にセレサモス宮前店で行われ、幸水を中心に65点が出品。主催者らが大きさや形、色具合、糖度などの品質を基準に審査した。久しぶりに優秀賞に選ばれたという川名さんは「市長賞に選ばれるとは思ってもいなかったので、とてもうれしいです」と感想を述べた。

 川名さんは「川名梨園」の2代目。1・3ヘクタール(約4000坪)の敷地に幸水や豊水、あきづき、20世紀梨などを栽培。受賞した幸水について「今年は天候にも恵まれ良い出来だった」と胸を張る。

温暖化影響も

 温暖化の影響から梨の収穫時期は早まっており、9月上旬からは「あきづき」が旬という。川名さんはここ数年、梅雨明けから夏にかけて被害をもたらす『ハダニ』に苦慮。「管理方法を考えなければいけない時期にきているかもしれない」と危機感をあらわにし、来シーズンに向けては「天敵製剤(生物農薬)を試してみたい」と話す。

 区内で生産される多摩川梨は「宮前梨」と呼ばれ、区の特産品として親しまれている。1950年代に有馬で栽培が始まり、徐々にファンを増やしていった。現在は有馬・野川地区の区内5園と中原区の2園で「宮前梨組合」=中面に関連記事=を組織し、品質管理に努めている。

 同組合の組合長を務める川名さんは「切磋琢磨しながら『宮前梨』を広めていきたい」と抱負を述べた。
 

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

次の50年へ 思いつなぎ

聖マリアンナ医科大学

次の50年へ 思いつなぎ 文化

イルミ点灯で周年祝う

10月22日号

火災予防、地域一丸で

宮前消防署

火災予防、地域一丸で 社会

警察らと広報 キャラ一堂に 

10月22日号

インスタで情報発信

宮前第4地区民児協

インスタで情報発信 社会

区内初 若年層に周知へ

10月15日号

詐欺被害 未然に防止

タクシー運転手篠田一夫さん

詐欺被害 未然に防止 社会

宮前署から感謝状

10月15日号

全国上回る回復基調

宮前区基準地価

全国上回る回復基調 経済

鷺沼再開発に期待感

10月8日号

ジャイアンツJrに選出

宮崎台バーズ関弘太郎さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook