宮前区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

照明家×シャボン玉 光と泡、川崎に活力を 市内在住の2人がコラボ

社会

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
齋藤さん(右)とシャボン玉オヤジ
齋藤さん(右)とシャボン玉オヤジ

 多分野で光と色の演出を手がける照明家の齋藤勝範さん(55)=鷺沼在住=と、生田緑地など区内外で活動する「シャボン玉オヤジ」(60)。市内在住の2人は登戸で先月、夜のシャボン玉ショー「ナイトバブル」を実現させた。初の試みをきっかけに、2人は光と泡で川崎を盛り上げようと模索を続けている。

 ナイトバブルは、多摩区で区画整理下の地域振興に取り組む「登戸まちなか遊縁地」実行委員会が、関係者のみで先月28日に小規模開催した企画の一つ。夜の空き地で齋藤さんはLEDライト4台を設置し、青や赤など10種類近い色が自動で切り替わるよう設定。音楽と共に、シャボン玉オヤジが飛ばす大小さまざまなシャボン玉に多彩な光が混ざり、約30分にわたり幻想的な空間が広がった。

構想から半年

 二子玉川の商店会イベントでイルミネーションを担当する齋藤さんは、縁あって昨年末にシャボン玉オヤジと知り合った。ブラックライトとシャボン玉を組み合わせたアートを2月に構想していたが、コロナの影響で中止に。シャボン玉オヤジがナイトバブルの実現を模索する中、今回の企画にたどり着いた。

 このコラボ企画で、夜間のライトアップ技術を応用したという齋藤さんは「光の色が微妙に変化し、混ざり合った。化学反応がおもしろい」と回顧。シャボン玉オヤジは「奥が深く、試行錯誤の繰り返し。今回は課題が見えたので挑戦を続けたい」と先を見据えた。

 次回の企画は「『幻想的な未知との遭遇』のようなテーマで、スモークも出してみたい」と齋藤さん。「幼稚園や養護施設など建物なら、演出も仕込める。子どもたちも見られるショーを(光が引き立つ)真っ暗な場所でやりたい」と夢は膨らむ。2人は「日常を忘れて純粋に楽しんでもらえたら。市民として川崎を盛り上げたい」と意気込んだ。

登戸でのナイトバブル。LEDライト(下)を使用
登戸でのナイトバブル。LEDライト(下)を使用

宮前区版のローカルニュース最新6

清掃で広がれ地域の輪

鷺沼町会

清掃で広がれ地域の輪 社会

さぎぬまSC初参加

10月15日号

土橋今昔まち歩き

手作り冊子 第2弾完成

手作り冊子 第2弾完成 文化

向丘第1地区民児協

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook