宮前区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

犯罪被害者等支援条例 市独自で年内制定へ 相談窓口に心理職ら配置

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、犯罪被害者等に特化した市独自の支援条例を年内に制定しようと準備を進めている。先月末に発表された施策案には、社会福祉士や心理職を配置し被害者等の精神ケア、刑事手続きなどに一括で対応する相談支援窓口の整備、経済支援が盛り込まれた。

 犯罪被害者やその家族は、被害による心身の不調や周囲の心無い言動など二次被害に苦しめられ、日常生活に支障をきたす場合もある。市の施策案では、被害者等の相談を一括で受ける支援窓口を整備。2008年から市が設置する「犯罪被害者等支援相談窓口」は警察OBが相談員を務めてきたが、条例制定後は新たに社会福祉士や心理職など専門職を配置し、情報提供や必要な機関につなげる。

 被害者等は失業や休職、けが等の治療費負担、身の安全を守るための転居などにより、経済的困窮に直面することもある。施策では日常生活の支援として、見舞金の支給、家事や保育、住居などの資金援助やサービス提供も想定する。

県条例対象外も支援

 国は04年に犯罪被害者等基本法を制定。今年4月からの第4次基本計画には地方公共団体における支援があげられている。神奈川県は09年に支援条例を施行。政令指定都市では横浜市など8都市で条例が制定され、支援が行われている。

 川崎市では19年の登戸刺傷事件などの事件を受け条例制定の動きが進み、昨年度から今年度にかけて有識者会議が実施されている。市が目指す条例は、県の条例の支援対象となっている殺人、重傷傷害、性犯罪等の被害者や家族以外に、暴行や詐欺などの被害者等も対象とする。

 昨年度、市の相談窓口に寄せられた件数は25件。県の支援対象者となる市内被害者145人からの相談はゼロだった。市担当者は「認知度向上は課題。条例制定後、市民に対し窓口の周知や被害者等の状況を理解してもらうことに力を入れていきたい」と話す。

 9月末までサイト等で市民から意見を募集。年内に条例制定、22年度の施行を目指す。

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

次の50年へ 思いつなぎ

聖マリアンナ医科大学

次の50年へ 思いつなぎ 文化

イルミ点灯で周年祝う

10月22日号

火災予防、地域一丸で

宮前消防署

火災予防、地域一丸で 社会

警察らと広報 キャラ一堂に 

10月22日号

インスタで情報発信

宮前第4地区民児協

インスタで情報発信 社会

区内初 若年層に周知へ

10月15日号

詐欺被害 未然に防止

タクシー運転手篠田一夫さん

詐欺被害 未然に防止 社会

宮前署から感謝状

10月15日号

全国上回る回復基調

宮前区基準地価

全国上回る回復基調 経済

鷺沼再開発に期待感

10月8日号

ジャイアンツJrに選出

宮崎台バーズ関弘太郎さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook