宮前区版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した 庄司 佳子さん 幸区在住 69歳

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

身近なこと、きっかけに

 ○…これまではスタッフとして動いていたが、センター長になってからは関わり方や見方が大きく変わった。「今までは自分の仕事から他を見てたけど、全体を見てからのバランスを見ないといけない」と気を引き締める。市の脱炭素戦略を進める上でも、欠かすことができない存在のセンター。「事業者との関係を深めて、脱炭素の取り組みを具体的に進めていきたい」と前を見る。

 ○…1998年に市が進めた地球温暖化防止活動に関する行動計画を策定する市民部会でセンターを立ち上げた。自身も開設メンバーの一人だ。「脱炭素という言葉もようやく浸透してきたように感じる。でもまだまだ余地はある」。環境問題と聞くと遠く感じてしまう人もいるかもしれない。しかし、「日常の中に関わってくるもの。生活に取り入れて、脱炭素を楽しんでもらいたい」と微笑む。

 ○…自宅の前は矢上川が流れる。今は改善されたが、90年代は水質も悪く、ゴミの放置も目立っていた。身近な河川に関心を持ち、市の地域環境育成講座を受講。「私の足元から地球が始まる」という講師の言葉に感銘を受けた。さらに活動を広げようと、「矢上川で遊ぶ会」を発足。「身近なところで自然に親しむことが大事。実際に体験して自然を大切に思う心を育みたい」と語る。自然を見つめ直すきっかけとなった活動の一つで、今もなお代表を務める。

 ○…環境だけでなく、まちづくりや福祉など市民活動はすべてつながっているという。「どこから入っても同じ。皆さん素晴らしい意欲や熱意を持っている。そんな人たちの活動拠点をつくりたい」と先を見据える。「でもまずはセンター。拠点づくりはまだちょっと先になるかな」と付け加えて、笑った。

宮前区版の人物風土記最新6

田原 田鶴子さん

シェアオフィス ノクチカで個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮崎在住 65歳

11月26日号

ジョン ジエイさん

鷺沼ロータリークラブの奨学生で、細胞学の研究に励む

ジョン ジエイさん

世田谷区在住 26歳

11月19日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長として、税への理解を求める

笠(りゅう) 秀則さん

高津区在勤 60歳

11月12日号

小林 貴大さん

子ども食堂を開始した「Erii's(エリーズ) Cafe(カフェ)」の代表を務める

小林 貴大さん

菅生ヶ丘在勤 34歳

11月5日号

高橋 乃愛さん

東京都代表としてバドミントンの全国大会に出場する

高橋 乃愛さん

野川台在住 14歳

10月22日号

福井 俊哉さん

認知症疾患医療センターに認定されたかわさき記念病院の院長を務める

福井 俊哉さん

潮見台在勤 66歳

10月15日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook