宮前区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

宮前区 「連携の場」通じ課題解決へ 市民活動支援 平場で議論

コミュニティ社会

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
キックオフイベントの様子=区提供
キックオフイベントの様子=区提供

 宮前区は11月3日、市民活動支援の仕組みを考える「ラウンドテーブル」のキックオフイベントを開催。地域活動を行う区民らが3グループに分かれ、机を囲んで地域課題の解決に向けたアイデアを出し合った。今後はそれぞれのプロジェクトを試行、検証し、仕組み作りを進めていく。

 地域における市民活動の現状を把握しようと、区は参加者を募り、2018から19年度にかけて、市民と区内の活動を相関図やマップにまとめ、現地ツアーを実施。地域の課題解決や、地域活動をより豊かにする仕組みを検討してきた。

 昨年3月にはアイデアなどを募る取り組みを予定していたが、コロナ禍で中止に。この度、区民や地域の企業、区役所のさまざまな部署職員ら約30人が集まり再始動し、これまでの取り組みを振り返り、プロジェクトごとにテーブルに分かれ宮前区ならではの「しくみ」のアイデア出しを行った。

 プロジェクトは【1】公園×マルシェで『拡大まちかどシェア』【2】シニアが気軽に立ち寄れる場(宮前区版道の駅?)をつくってみよう!【3】民間が保有する地域の場と地域活動をマッチングしよう!-の3テーマ。【3】のテーブルでは、9月に梶ヶ谷のコジマ×ビックカメラで開催されたコジマルシェを踏まえ「コジマ側がかなり協力してくれたが、どこかに負担がかかり過ぎないようにした方が良い」などの案があがった。【1】では、「記録写真係や声掛け係などのマンパワー不足」などの課題に対し、同席した人が「自分ができる」と挙手する場面もみられ、12月にマルシェを開催することも決まった。中心となったまちかどシェアを主催する浅野真紀さんは「町会活動と市民活動を協力する可能性に共感も得られた。想像の上をいく発想や人材も出てきた」と振り返る。

 参加者は1月までにそれぞれのプロジェクトを試行するため、テーブルごとに日程などを調整。3月までに検証して仕組みをまとめる予定だ。

 区担当者は「議論が活発で協力者が多く、宮前区民の力を感じた」と今後の取り組みに期待を寄せている。

宮前区版のトップニュース最新6

トンガ離島に募金協力を

宮前区支援団体

トンガ離島に募金協力を 社会

水インフラ復旧急務

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 文化

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

特別養子縁組、普及に尽力

五所塚在住浅賀さん

特別養子縁組、普及に尽力 社会

「お話会」で経験語る

1月21日号

節目の10年 思い込めて

みやまえ情報ラボ

節目の10年 思い込めて 文化

市民記者が区長訪問

1月21日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook