宮前区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

市政報告 暮らしを守る 安心をカタチに 公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

矢上川地下調節池事業進捗

 神奈川県の事業である矢上川地下調節池は、時間雨量60ミリの降雨を安全に流下させる目的で、台風や集中豪雨時に矢上川に水を取水し、地下トンネルに約19万4千立方メートルを貯留するものです。県は、本事業の調査を平成19年3月より開始。私は、同年の第5回定例会(12月議会)に、野川地区などこれまで度々浸水被害を受けてきた経緯から、取水施設をJR貨物梶ヶ谷ターミナル駅付近につくる事、そのために必要な県管轄区域の延伸などを具体的に提案し、県への働きかけを市に要請しました。

 現在までに、野川東住宅付近に中間立坑、JR貨物梶ヶ谷ターミナル駅付近に発進立坑が完成。事業効果は、野川地区を含め、JR貨物梶ヶ谷ターミナル駅付近から東急東横線までの矢上川沿いで想定される約200ヘクタールの浸水被害の軽減が見込まれるなど、下流河川への流量を調整する事で、洪水被害を軽減する事が期待できると回答しました。

切れ目ない医療介護の提供体制

 急速な高齢化に伴い、医療・介護が切れ目なく提供される体制整備が重要と、これまでの取組みと成果を質しました。市は病床機能の確保や在宅医療・介護サービスの提供体制の構築、それらを支える医療従事者の確保として市立看護大学の4月開校を回答しました。

認知症疾患医療センターを拡充

 認知症は、誰にでも起きうる病気、65歳以上の7人に1人が罹患していると言われます。市立川崎病院は、昨年8月、市の認定を受け認知症疾患医療センターを開設。早期に発見し、専門医による治療が大切なことから「もの忘れ外来」を設置しました。市内の専門病院は、日本医科大学武蔵小杉病院、聖マリアンナ医科大学病院、かわさき記念病院を含め4カ所に拡充されました。

中間立坑=平成27年当時
中間立坑=平成27年当時
認知症疾患医療センター
認知症疾患医療センター

山田はるひこ議員

神奈川県川崎市川崎区宮本町1 公明党川崎市議団

TEL:044-200-3361

http://www.yamada-haruhiko.net/

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

特別自治市は何故、必要か!税制とサービス前編

宮前ガバナンス8月号  連載寄稿

特別自治市は何故、必要か!税制とサービス前編

〜川崎市・横浜市・相模原市と県の関係〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

8月19日号

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

市政報告Vol.41

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

川崎市議会議員 矢沢たかお

8月12日号

補正予算案、コロナ禍に対応

県政報告

補正予算案、コロナ禍に対応

県議会議員(自民党)持田文男

7月29日号

「戦争を繰り返さないで」

市政報告

「戦争を繰り返さないで」

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月29日号

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

7月29日号

安心して子育て出来る、街づくりを!

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿

安心して子育て出来る、街づくりを!

〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook