宮前区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

市政報告 「子育て給付金」を所得制限なしに 日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年12月の議会で、「子育て世帯への臨時特別給付金」を10万円の現金給付とすることが決定しました。18歳までのお子さんがいる家庭に、一人当たり10万円を給付するものです。児童手当支給の家庭にはすでに給付されていますが、15歳から18歳までのお子さんのいる家庭では、市から出されたお手紙を返信して、申し込むことが必要となります。

 しかし、あるお母さんから次のような電話をいただきました。「うちの子どもは、所得制限があるために給付を受けられない。今回だけでなく、医療費の助成も受けられない。収入が基準よりも少し高いだけで、不公平ではないか」とのことでした。

 市内における対象年齢のお子さんは23万7千人います。その中で給付対象は18万3千人。一方で対象外は5万4千人、実に約23%のお子さんが対象外となります。同じ基準で「小児医療費助成制度」も利用できないなど、お母さんの言う通り、不公平な話です。「一定の収入があれば、仕方がない」との意見もあるかもしれませんが、私は、今回の給付が「低所得者対策」ではなく、「子育て支援」で実施するならば、親の所得にかかわりなく、全てのお子さんに給付すべきと考えます。

 他の自治体では、所得制限を設けずに実施しているところもあります。所得制限を無くして給付するには、川崎市の場合あと54億円程度の予算が必要ですが、今後、地方創生臨時特別交付金が数十億円程度交付される見込みとのことですので、これを財源に所得制限をなくして、すべての子育て世帯に支給することは可能です。皆さんと力を合わせ、「子育て支援」を実感できる川崎市にしたいと思います。

 また、コロナ禍のもと生活に困難を抱え今のこの瞬間も暮らしや営業、勉強に不安を抱えている方がおられます。議会の論戦では、国の動向待ちにせず、非正規労働者や学生、高齢者世帯などへの市独自の支援策を急ぎ検討し、具体化するよう要望しました。

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

市政報告Vol.41

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

川崎市議会議員 矢沢たかお

8月12日号

補正予算案、コロナ禍に対応

県政報告

補正予算案、コロナ禍に対応

県議会議員(自民党)持田文男

7月29日号

「戦争を繰り返さないで」

市政報告

「戦争を繰り返さないで」

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月29日号

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

7月29日号

安心して子育て出来る、街づくりを!

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿

安心して子育て出来る、街づくりを!

〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

7月15日号

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

市政報告Vol.40

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

川崎市議会議員 矢沢たかお

7月8日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook