宮前区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

火災から文化財を守れ 等覚院で消防訓練

文化

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
本部に持ち込まれた文化財模擬品
本部に持ち込まれた文化財模擬品

 26日の「文化財防火デー」を前に、神木山等覚院(中島有淳住職)=神木本町=で25日に消防訓練が実施された。

 昭和24(1949)年1月26日に法隆寺金堂壁画が火災により焼損したことを契機に防火デーが定められた。市が各区で文化財を火災等から守るため行っている訓練で、今回で68回目を数える。

 訓練は、本堂から出火を発見したと想定。寺関係者が119番通報し初期消火にあたるが、消化できず避難し、歴史記念物に見立てた模擬品を搬出した。例年は消防隊による一斉放水などの訓練も行われるが、コロナ感染拡大状況を鑑みて同寺関係者による通報や初期消火、非常持ち出し品搬出などの訓練に留めた。

 宮前消防署(杉山哲男署長)は「歴史的文化財を火災などの災害から守り、後世に継承していくことは重要な責務。今後も消防訓練等を行い、文化財に対する愛護と防火意識の普及啓発に努めていきたい」とコメント。同寺中島光信副住職によると、同寺裏の山には細道があり、ポイ捨てされたタバコの吸い殻などが散見されるという。山の緑は東名高速道路まで続いていることから、「燃えた際には煙で東名が通行止めとなる可能性も考えられるため、火の元には注意している。文化財だけでなく、『守る意識』として地域で醸成していかなくては」と話した。

 「つつじ寺」として知られる同寺は、所蔵する木造薬師如来坐像が川崎市重要歴史記念物に指定されている。市消防団の「シャッター塗装事業」により、昨年同寺の絵が、宮前消防団向丘分団神木班の器具置場(平)に描かれている。

宮前区版のローカルニュース最新6

拉致被害に関心を

拉致被害に関心を 社会

横田めぐみさん写真展

5月20日号

キャッシュレス納付推進へ

川崎北税務懇話会

キャッシュレス納付推進へ 社会

北税務署と連携、周知図る

5月20日号

体育室利用不可に

宮前スポセン

体育室利用不可に 社会

天井改修工事で半年

5月20日号

献血を呼びかけ

区内RC

献血を呼びかけ 社会

48人が協力

5月20日号

10年ぶりに全幕公演

ワイダンスカンパニー

10年ぶりに全幕公演 文化

教え子、海外からも

5月20日号

お待たせロビコン

お待たせロビコン 文化

5月27日、向丘出張所

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook