宮前区版 掲載号:2022年3月18日号 エリアトップへ

平在住喜多さん 土のぬくもり 子どもたちへ 施設の一角で野菜作り

社会

掲載号:2022年3月18日号

  • LINE
  • hatena
のらぼう菜を収穫する喜多さん=10日
のらぼう菜を収穫する喜多さん=10日

 喜多大巳(ひろみ)さん(89)=平在住=は10年以上前から、「地域子育て支援センターすがお」の一角で、ボランティアとして野菜を作り続けている。

 野菜作りは、定年後に入った慈善団体の紹介で始めた。今は一人で活動を続ける。畑仕事の繁忙期には週2回ほど、自宅から片道約35分の道のりを歩く。センター内にある3カ所の畑(約10坪)にはこの時期、川崎の伝統野菜「のらぼう菜」などが植えられている。収穫した野菜は利用者らに配るという。喜多さんは「これからキュウリなどの夏野菜の準備に取り掛かるところだよ」とうれしそうに話す。

 同センターの職員や利用者とは顔なじみだ。取材中、未就学児から「おじちゃん、あのね…」と声をかけられると、腰を下ろし、子どもと同じ目線で話を聞いていた。収穫作業は、子どもたちが手伝ってくれることもある。「土に触れたことがない子どももいる。土のぬくもりを感じてほしい」と思いを込める。「もうすぐ卒寿。体力の衰えを感じることもあるが、できるだけ活動を続けていきたい」と抱負を話した。

宮前区版のローカルニュース最新6

学生バンドオーディション

参加者募集

学生バンドオーディション 文化

最優秀はCDデビュー

8月12日号

障害年金を学ぶ

まじわーる

障害年金を学ぶ 教育

理解深めるきっかけに

8月12日号

「太鼓の祭典」開催

「太鼓の祭典」開催 文化

27日、市民館で

8月12日号

今はなき戦争遺跡

今はなき戦争遺跡 社会

宮崎中脇 衛兵所と営倉

8月12日号

観光ガイドの会ツアー参加募集

自治会・町内会むけ防災ボトル

災害時に役立つ6品が、これ1つに 10月新発売

自治会・町内会むけ防災ボトル 社会

名入れ、オリジナル制作も対応

8月12日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook