宮前区版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

市政報告 川崎でエネルギー自給自足は可能か? 日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 渋谷駅前に「気候時計」が設置されました。産業革命以前と比べて地球の平均気温上昇を「1・5度以下」に抑えるためのタイムリミットは、7年と90日を切りました。川崎市も2030年までにCO2の50%削減(13年度比)を目指しています。19年度の川崎市域全体の排出量は2139万tですが、そこには、発電所から出されるCO2約1600万tは含まれていません。発電所を含めると、臨海部の電力・石油・鉄鋼の7社から出される排出量が、市域全体の約7割を占めていることから、臨海部からの排出削減が決定的に重要です。

 日本共産党川崎市会議員団では、自然エネルギーセンターの大友詔雄氏に「川崎市再生可能エネルギー100%自給の可能性検討」の研究委託を行いました。

 その結果、臨海部の工場・倉庫や駐車場の6割に太陽光パネルを設置すれば、風力発電、バイオマス発電と合わせ、市内の電力使用量の約7割を再生可能エネルギーで賄うことができると分かりました。川崎においても、「エネルギーの自給自足」の可能性があることを示すことができたのです。このことは、再生可能エネルギーが「頼りない電源」ではなく、すでに大きな可能性を持った電源へと進化していることを示しています。

 川崎市は「水素戦略」として、海外から水素を輸入し、火力発電所で天然ガスと混ぜて燃焼させる混焼方式をとる計画ですが、水素を生み出すには、大量の電力が必要となり、海外からの輸送にはCO2の排出が伴うなどの問題があります。再生可能エネルギーの活用を推進し「エネルギーの地産地消」こそ、CO2削減の最も効果的な対策と言えます。

 若い人たちが、自分たちが住み続けることのできる地球を守ろうと声をあげています。未来に責任を持てるエネルギー政策を進めなければなりません。CO2削減は、待ったなしの課題です。川崎市でも未来に責任を持てるエネルギー政策の推進に全力で取り組まなければなりません。

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

知って得する、マイナポータルとは!

宮前ガバナンス5月号  連載寄稿

知って得する、マイナポータルとは!

川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月20日号

川崎でエネルギー自給自足は可能か?

市政報告

川崎でエネルギー自給自足は可能か?

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

4月29日号

リモートワークで仕事の効率アップ!

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿

リモートワークで仕事の効率アップ!

〜市内宿泊施設テレワーク利用促進事業〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月15日号

22年度予算、コロナ対策重視

県政報告

22年度予算、コロナ対策重視

県議会議員(自民党)持田文男

4月1日号

通級指導教室の体制整備が一歩前進

一人によりそう。明日へつなぐ 市政報告

通級指導教室の体制整備が一歩前進

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook