宮前区版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

「音楽のまち」から、世界へ かわさきピアノコンクール 2年目が始動

文化

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
チラシを持つ上原さん(左)と宮川さん
チラシを持つ上原さん(左)と宮川さん

 「音楽のまち・かわさき」から、世界へ羽ばたく音楽家を発掘・育成したい――。そんな思いで、多摩区で音楽教室を構える上原麻衣さん(37)らが昨年立ち上げた「かわさきピアノコンクール」。今年11月に本選を控える第2回の予選が5月1日に始まった。

 「川崎には全国規模のコンクールがない。生徒たちは県外や横浜のコンクールを探して受けている」。地元で教室を50年近く続けてきた母親と共に、以前から市内でのコンクールを構想していた上原さん。一昨年から運営委員会として本格的に準備を進め、川崎市などの後援を得て、昨年12月に第1回の本選大会を実現。幼児から大人の全8部門に約250人の応募があった。上原さんは「東北や沖縄など全国から、そして半数が川崎からの参加。市内の方がグランプリを受賞して、喜んでもらえたのがうれしかった」と振り返る。

本選 11月に2日間

 今年の予選は録画審査で、申込期間は5月1日から15日と、7月15日から31日の2回。昨年1日だけだった本選は2日間に拡大し、11月12日と13日にカルッツかわさき(川崎区)で開催する。審査員は川崎市市民文化大使のピアニスト・小原孝さんや、市内に立地する洗足学園音楽大学や昭和音楽大学の教授らが務める。

 「前回は予想以上の参加で本選が狭き門になってしまったので、今回は多くの方に演奏してもらうため2日間。気軽に受けてもらえたら」と上原さん。一緒に運営に携わり、上原さんの教え子でもある宮川真優美さん(24)は「ピアノをやめたいと思っていたころ、コンクールで結果が出て自信がついたいい思い出がある。同じような経験をこのコンクールでしてもらいたい」と思いを話す。

 参加費や申し込み方法など詳細はウェブサイトやSNS。「かわさきピアノコンクール」で検索。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

果敢に挑戦 仲間と共に

果敢に挑戦 仲間と共に 社会

川崎宮前ロータリークラブ 村野正明 会長(57)

7月1日号

楽しみ、次代へつなぐ

楽しみ、次代へつなぐ 経済

川崎鷺沼ロータリークラブ 青木克眞 会長(74)

7月1日号

「真心」で一歩先へ

「真心」で一歩先へ 社会

川崎富士見ライオンズクラブ 目代健次 会長(69)

7月1日号

長崎被爆者と若者対談

長崎被爆者と若者対談 社会

7月23日、市民館で

7月1日号

新年度役員が決定

区内奉仕団体

新年度役員が決定 社会

7月から新体制

7月1日号

「3冠」 主将としてけん引

県高校総体バドミントン

「3冠」 主将としてけん引 スポーツ

宮前平中出身 佐藤さん

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook