宮前区版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

宮前交通安全協会の会長に5月27日付けで就任した 鮫島 隆さん 土橋在住 62歳

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena

交通安全で笑顔の花を

 ○...先々代会長の時から8年にわたり、副会長を務めてきた。交通安全協会に入会したのは24年前。歴は長いが、「私より若い人は片手で収まってしまう」と組織の高齢化を危惧する。これまでのサポート役から顔役となり「先輩方の積み上げてきたものを引き継ぎつつ、新しい風を入れていきたい」

 ○...土橋に約400年続く名家。田園都市線が開通したのは小学校入学の時。急激に移り変わる宮前区を見守ってきた。物づくりが好きで、おもちゃは自分で作ったという子ども時代。高専から大手AV機器メーカーに就職し、30歳で就農。代々の土地を保育園に提供し、今年4月に開園した。野菜を育てる約20アールの畑の一部では、園の子どもたちが芋掘りなどで土と戯れる。「幼児期教育が重要。待機児童問題もある。地域に喜ばれるものになれば」

 ○...カメラやスキーなど、色々な趣味を持つが、一番長く続いているのは献血。学生時代から始めて46年で200回以上続ける。「献血できるのは健康で幸せな証拠。誰かのためにもなるしね」とにこり。副会長を降りた自治会活動も、地域のためにと協力を惜しまない。「昔からの人と新しく根を下ろしてくれた人がいバランスで仲良くできるといい」

 ○...協会の新たな取り組みにも着手する。京都府警から始まった、交通安全をひまわりを植えて啓発するプロジェクトに参加しようと、種を苗にして区内で配布するつもりだ。「来年、種が増えたら子どもに配布して、大人に訴えてもらうのもいい」とアイデアを語る。「わき見運転などの事故が後を絶たない。ひまわりを見て、少しでも交通安全を意識してほしい。地道に交通安全の意識を広げていきたい」と抱負を述べる。

宮前区版の人物風土記最新6

横山 晃喜さん

雅楽団体の一人として「太鼓ミーティング」のオープニングを飾る

横山 晃喜さん

犬蔵在住 27歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

7月29日号

北野 やす子さん

宮前区赤十字奉仕団委員長を務め、30年の活動を表彰された

北野 やす子さん

宮前平在住 77歳

7月22日号

中島 裕子さん

設立40周年を迎えた宮前区交通安全母の会の会長を務める

中島 裕子さん

神木本町在住 65歳

7月15日号

筒井 昭輔さん

44年前に描いた風景画を鷺沼町会に寄贈した

筒井 昭輔さん

鷺沼在住 91歳

7月8日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook