宮前区版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

川崎市内児童虐待 相談・通告5年で倍に 宮前区は1001件

社会

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、2021年度の市内の児童虐待相談・通告件数を先月末に発表。5832件で過去最多だった。16年度の2875件と比較すると、5年で2倍以上に。一方、前年度比23・3%増だった20年度(5557件)に比べ、21年度は4・9%増と増加率は低下した。

 市は市内3カ所の児童相談所と7区役所で昨年度受けた相談・通告件数を集計。種類別では、心理的虐待が約半数の3011件(前年度比133件増)、次いでネグレクトが1719件(135件増)、身体的虐待が1066件(11件増)。性的虐待は36件で、前年度の40件から減少した。

 年齢別では、就学前までの乳幼児が3232件(135件増)で半数以上。主な虐待者別の構成比は実母が56・7%、実父が39・1%だった。区別では川崎区が最多の1243件で、宮前区は2番目の1001件(61件増)だった。

 児童相談所で受けた相談・通告は4030件で、前年度から297件増加。一方、区役所は1802件で、前年度の1824件から22件減少した。市は20年度、新型コロナの影響で困難を抱えた家庭の状況把握を行うため、「所在不明児童の調査」の対象を広げ、区役所が安全確認を強化していた。市担当者は「21年度は直接的な取り組みはなかったが、関係機関や地域の見守り体制が浸透している中、全体として通告が増えているのでは」と話す。

子ども本人118件

 相談・通告件数は、その後の調査で虐待の事実が認められなかった場合や、対象児童を確認できなかったものも含む。市民や学校等からの連絡のほか、最多の4分の1を占めるのが警察からの通告。21年度は市全体で1428件(30件増)に上った。

 子ども本人からの通告も増加傾向がみられ、昨年度は118件(47件増)。市は20年7月、県や横浜市らとLINE相談を開始しており、市担当者は「子どもの相談が増えた要因の一つ」と分析する。市は今年度、児童虐待の予防事業を強化していくという。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

果敢に挑戦 仲間と共に

果敢に挑戦 仲間と共に 社会

川崎宮前ロータリークラブ 村野正明 会長(57)

7月1日号

楽しみ、次代へつなぐ

楽しみ、次代へつなぐ 経済

川崎鷺沼ロータリークラブ 青木克眞 会長(74)

7月1日号

「真心」で一歩先へ

「真心」で一歩先へ 社会

川崎富士見ライオンズクラブ 目代健次 会長(69)

7月1日号

長崎被爆者と若者対談

長崎被爆者と若者対談 社会

7月23日、市民館で

7月1日号

新年度役員が決定

区内奉仕団体

新年度役員が決定 社会

7月から新体制

7月1日号

「3冠」 主将としてけん引

県高校総体バドミントン

「3冠」 主将としてけん引 スポーツ

宮前平中出身 佐藤さん

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook